福岡県北九州市西部(八幡東区・戸畑区・若松区)の古墳


八王子教会内古墳

 北九州市八幡東区八王寺町の八王寺カトリック教会の敷地内にあり、見学には事前に許可を得てください。市内唯一の双室墳で、東西に横穴式石室が並んでいますが、入口が共通となっていて、さらに主軸も平行していません。東石室は5m×1.1m×1.3m、西石室は2.5m×0.9m×0.8mの大きさで、西石室は狭くて内部に入るのは困難です。規模的には石室というよりは石槨に近く、終末期の七世紀後半頃の築造と思われます。ところで、説明板には「八王子教会内古墳」と書かれていますが誤字でしょうか?

石室入口は共通で、左右に分かれる

東石室奥壁方向、奥壁はほぼ一枚石

東石室奧から。入口が横にあり、変な感覚です

西石室奥壁方向、狭くて入室は不可能です


牧山古墳群

 北九州市戸畑区牧山、洞海湾を望む都島展望公園内に2基の古墳が保存されています。1号墳は横穴式石室がほぼ完存。玄室は一辺1.85mの正方形プランです。2号墳は基底部のみ残存しており、玄室は1.8m×1.6mの両袖式です。

1号墳石室

1号墳石室内部

2号墳石室

洞海湾を望む立地。手前が2号墳、右奧に1号墳


小田山古墳群

 市史跡。北九州市若松区深町一丁目16、響灘を見下ろす小田山丘陵の北端に営まれた50基以上からなる六世紀後半の後期群集墳です。宅地や墓地の造成でかなり破壊され、残存するのは13基で、小田山神社のとなりに、古墳公園として整備公開されています。1号墳は、横穴式石室が開口していますが、入口は狭く、内部を覗くのみです。羨道が半壊していますが、玄室は良好に残っています。2号墳はなぜか画像がない!3〜6号墳はいずれも小円墳で、4号墳で石材が1個露出しています。

1号墳墳丘

1号墳石室内部

3号墳

4号墳

5号墳

6号墳

 7、8号墳は、いずれも横穴式石室がわずかに開口していて、内部を垣間みることができます。9号墳は小さな石組みの祠があり、その奧に石室が有るのかも知れません。仮称10号墳(古墳としか書かれていない)には、石材が露出しています。

7号墳石室開口部

7号墳石室内部

8号墳

8号墳石室内部

9号墳

仮称10号墳、石材露出


こうしんのう古墳群

 北九州市若松区頓田、響灘に面した国道495号線と県道277号線の交差点そばの内平尻バス停のところから南東の丘陵上に登っていく道があります。すぐに道が二つに分かれ、その先で右に大きくカーブしていますが、その左右の林の中の狭い範囲に古墳が密集しています。消失したものも含めて22基確認されていますが、いずれも径10m前後の小円墳で、竪穴式石室1基の他はすべて横穴式石室です。最初の分岐路の右側に民家があり、その背後に15号墳がありますが、ほとんど破壊され、石室の基底部の一部が残っているだけです。

  15号墳

 分岐路のところの林の中に11号墳があります。墳丘は大きく陥没しており、石室の基底部が残っています。

11号墳

11号墳石室基底部

 道の反対側の林の中へ入っていくと8号墳があります。横穴式石室の下半分が残っています。玄室長4m、幅1.6mくらいで、奥壁、側壁が比較的良く残っています。その後ろの薮の中に7号墳があります。ほぼ同規模の石室ですが、石材は小型です。

8号墳石室

8号墳石室正面、腰石は大きめ

8号墳石室奧から

7号墳、石室奧から

7号墳、玄室奥壁、腰石は小さい

7号墳、袖部奧から

 道が大きく右へカーブするところの内側の道沿いにある9、10号墳では、いずれも横穴式石室の基底部が露出しています。9号墳は石室の平面形が良く残っています。

9号墳石室正面

9号墳玄室

9号墳石室奧から、袖石の間が狭い

10号墳、石材散乱

 10号墳の奧の林の中に14号墳がありますが低いマウンドがある程度です。10号墳から道の反対側のフェンスの中に17号墳がありますが、薮に覆われてよくわかりません。その先の道の分岐路の右側に石材が1個露出していますが、これが16号墳と思われます。

14号墳

17号墳

16号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system