愛知県岡崎市・北之切古墳群

5世紀後半未盗掘の小円墳


●愛知県岡崎市若松町 北之切古墳群

●2006年6月2日 報道/岡崎市教育委員会

 岡崎市若松町の私有地内にある北之切古墳群(3基)のうち、2、3号墳が宅地造成にともない、調査されました。ともに径18mくらいの円墳で、3号墳は未盗掘の木棺跡から、鉄剣、鏃などが見つかりました。近くには愛知県指定史跡の大型円墳である太夫塚古墳があり、その被葬者に仕えた村長クラスの墓と考えられます。

1号墳

2、3号墳はすでに消滅、左の竹薮の中に1号墳がある


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system