都田川流域首長墓の画期を示す大和型古墳


静岡県浜松市北区細江町・狐塚古墳

 2011年4月17日 現地見学ウォーキング/浜松市文化財課

 狐塚古墳は浜名湖を見下ろす丘陵上に築かれた古墳で、半世紀前に長方板革綴短甲や鉄鏃が出土した後、土取りによって墳丘の大半が消滅しました。今回、さらに土取りで消滅するため、残った墳丘が調査されました。その結果五世紀中頃の一辺22mの二段築成の方墳で、葺石、埴輪を伴うことが判明しました。それまで、都田川流域の首長墓は、北岸の井伊谷に築かれ、葺石、埴輪は伴って居ませんでしたが、狐塚古墳以後、南岸に移り、大和仕様となります。五世紀中頃に、大和と強く結びつく画期があったことが窺えます。狐塚に続くのがすぐ近くの陣座ヶ谷古墳です。

一見美しい墳丘、向こう側は崖です。

下段の葺石、目地の左右で並べ方に差がある

上段の葺石と断ち割り

過去に出土した長方板革綴短甲


<ホームへ戻る>

 

 

inserted by FC2 system