奈良県桜井市・小立古墳


 奈良県桜井市山田で埋没古墳を検出。 全長37.4mの帆立貝式古墳で、後円部下段で土製と木製埴輪の基底部が出土し、土製円筒埴輪7基ごとに木製埴輪1基が規則的に配列されているのがわかりました。また、周濠からも石見型、ユギ形などの木製品、雌雄一対の鶏形などの形象埴輪が出土。埋葬施設は削平されていましたが、下段部が非常に良く保存されていました。7月29日説明会。

上より

後円部、雌雄一対の鶏形埴輪、盾形木製品、石見形木製品

上より

後円部埴輪出土状況、石見形木製品出土状況、ユギ形木製品、謎の建築部材など


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system