三重県菰野町の古墳


飛塚古墳

 菰野町大強原、四日市北警察署の斜め前にあり、2012年に調査がおこなわれました。その結果、径28mの円墳と判明しましたが、墳頂は削平されて埋葬施設は残っていないと思われます。周溝の一部が見つかりましたが、ほとんど破壊されていました。裾付近から赤く塗られた家形埴輪、円筒埴輪の破片が出土、五世紀頃のものです。

県道沿いの墳丘

後世に破壊されていた周溝


七ツ塚古墳群高塚支群

 菰野町杉谷の三岡墓地に5基の古墳が残されています。東端の1号墳は、径15mほどの円墳で、墳頂に天井石が露出と説明板に書かれていますが、それらしいものはなく、石碑の台石がそうなのでしょうか。2号墳は墓地の南側の民有地内にあり、径19mの円墳です。中央の3、4号墳はともに径10mほどの円墳で、墳丘がかなり崩れています。3号墳の裾に巨石が2個ころがっています。西端の5号墳は、墳丘の4分の1が削られていて、石材の一部が見えています。

1号墳

2号墳

左3号墳、右4号墳

5号墳


七ツ塚古墳群黒石原支群

 三岡支群から西へ1km、かなり離れていますが、名称は同じ七ツ塚古墳群です。別荘地付近の林の中に東西に並ぶように古墳が11基並んでいます。すべての古墳で墳丘は崩壊し、横穴式石室の石材が露出していますが、石室の形を留めているものは2基だけです。

東端の古墳

道路沿いに石材が露出した古墳

石材が露出した古墳

石材が露出した古墳

石材が露出した古墳

石材が露出した古墳

石室の形を残した古墳

石材が露出した古墳

最も保存の良い西端の古墳

左の古墳の石室


江平古墳群

 江平集落から西へ進むと、三叉路の南にため池があり、その南側の林の中に10基以上の古墳が残っています。保存状態は良くなく、まともに古墳と判別できるものは少ししか有りません。

保存の良い墳丘

こちらは中央が陥没

墳丘のみ

墳丘のみ

石材露出

石材露出


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system