兵庫県神戸市東部の古墳


西求女塚古墳

 神戸市灘区都通の求女塚西公園内にあります。スシローの北側です。発生期の全長95mの前方後方墳で、1993年に竪穴式石室が調査され、12面の銅鏡が発見されました。また、石室は慶長大地震による地滑りで斜めに崩れており、この現地説明会の2年後に阪神淡路大震災が発生したのが心に残ります。

処女塚古墳

 神戸市東灘区御影塚町の処女塚交差点にあります。全長70mの前方後方墳で、古墳公園として整備されています。主体部は不明ですが、山陰系の土器が見つかっています。

 

東求女塚古墳

 神戸市東灘区住吉宮町の求女塚東公園内にあります。社会保険事務所を西に入ったところです。四世紀後半頃の全長80mの前方後円墳ですが、現在は墳丘の一部が公園内に残されているだけで墳頂に石碑が建てられています。

生駒古墳 【管理人推薦】

 神戸市東灘区本山北町の神戸薬科大学構内にあります。南向き斜面に築かれた円墳で、市内では最大級の横穴式石室が開口しています。全長9.9m、玄室長6.2m、幅1.7m、羨道長3.7mの規模で袖はなく、天井石の段差で玄室と羨道を区別しています。

鬼塚古墳

 神戸市灘区篠原南町の照光寺境内にあり、正門脇に天井石を失った横穴式石室が開口しています。奥壁には巨石を用いています。

南所3号墳

 神戸市北区道場町の丘陵上にあります。2002年に発掘調査が実施され、六世紀前半、持ち送りの急な古式の横穴式石室が発見されました。墳丘脇には箱式石棺も確認されています。

尼崎学園内4号墳 【管理人推薦】

 神戸市北区道場町の尼崎学園内にあり、林の中に円墳が密集する尼崎学園内古墳群中で唯一石室が開口しています。学園の子ども達が入ると危険なので普段は施錠されていますが、頼めば鍵を開けてくれます。全長約8mの両袖式で、天井石が一部崩れていますが、良く残っています。奥壁に石棚が設けられています。

石棚のある奥壁

中野1号墳

 神戸市北区道場町中野のJR道場駅すぐ北側の道路沿いに石室が開口しています。周辺に5基分布しますが、見学可能なのはこの1号墳のみです。径19mの円墳で周囲を削られていますが、全長約10mの大型石室はほぼ完存、玄室幅2m、高さ3mの巨石を使った左片袖式です。前壁のつっかえ棒が気になりますが。。。

北神ニュータウン内遺跡第2地点古墳・第3地点古墳

 神戸市北区道場町の神戸電鉄道場駅北の墓地となりに現地保存されています。第2地点古墳は円墳、第3地点古墳は前方後円墳でともに主体部は横穴式石室で、天井部を失っていました。第3地点古墳の奥壁石材には○印の線刻が残されていました。

第2地点古墳

第3地点古墳

北神ニュータウン内第9地点遺跡1、2号墳

 神戸市北区道場町の神戸電鉄道場駅南の鹿の子台北ハイツの南端にあります。ニュータウン造成工事に伴って調査され、現地に保存されました。1号墳は四世紀築造の11m×14mの長方形墳で、墳丘中央に割竹形木棺が納められていました。2号墳は径15mの円墳で、3基の埋葬施設があり、すべて箱式木棺でした。

団地の南端に位置します

手前が1号墳、奥が2号墳

北神ニュータウン内遺跡第13地点古墳

 神戸市北区鹿の子台北町の鹿の子台小学校敷地内に移築されています。元、北神戸中学校の南側にありました。径15mの円墳で主体部は竪穴式石室ですが、現在埋められていて、その上に石室レプリカが展示されています。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system