兵庫県姫路市(旧香寺町・夢前町・家島町)の古墳


宮ノ前古墳群

 姫路市指定史跡。旧香寺町須加院の青葉台保育園前にあり、2基の横穴式石室が開口しています。左側の1号墳は石室が露出し、羨道が崩壊していますが、玄室は完存し、長さ1.55m、幅1.7m、高さ1.5mの規模で天井には巨石を使用しています。右30mに2号墳があり、小型の石室が開口しています。

1号墳

1号墳石室

2号墳

2号墳石室


片山古墳

 兵庫県指定文化財。旧香寺町土師の恒屋川をのぞむ丘陵先端(標高81m)にあります。自然地形を利用した全長30mの前方後円墳で、五世紀頃の築造と見られますが、未調査のため詳細は不明です。

 


祭上神社石棺材群

 旧香寺町相坂、香呂小学校の西300mの祭上神社の本殿の下の土台に多数の石棺材が転用されていて、石棺ファンには垂涎の神社です。向かって右側には側面に組合せ式石棺底石が使用されています。はめ込み用に溝が明瞭に残っています。その左上の前側最上部には短側石があります。これもはめ込み用の溝が見えています。本殿向かって左側には側面に家形石棺蓋石が使用されています。右上の前側最上部には短側石が使用されていますが、これは右側と合わせて一枚の石材になると思われます。本殿の裏に回ると、床下に割られた長側石が三枚置かれています。土台工事で余った石材と思われます。これらの石材はすべて1基の組合せ式家形石棺を解体したものと考えられます。

奧の本殿の土台に石棺底石がすでに見えている

本殿右側の石棺底と左上に短側石

本殿左側の石棺蓋と右上に側石

本殿裏の床下に側石材放置


上山古墳群

 旧夢前町芦田の集落の奥の道路沿いに標柱があり、標柱の左上70mの山林内に4号墳があります。径15mくらいの円墳で石材が一部露出しています。4号墳の上方40mに3号墳があり、横穴式石室が羨道の一部を除いて良く残っています。現存長5mくらいで、奥壁は一枚の鏡石を据えています。

3号墳

3号墳石室

4号墳

 

 


小坪山古墳

 

 旧夢前町寺、地元では有名な古刹・弥勒寺の南東の小高い尾根先端にあります。周辺の山々は「ゆめさきの森公園」としてハイキングコースが整備され、そのうち「古墳の道」登山口から登っていきますが、古墳まで標識が整備されています。墳丘はかなり流失し、横穴式石室が露出。天井石がほとんど持ち去られています。全長3.7m、玄室頂2.2m、幅1〜1.4m、羨道長1.5m、幅1.2mの右片袖式で、玄室は奧側ほど狭くなっています。説明板にかなりいい加減な説明が書かれているのが気になります。

尾根先端、墳丘はかなり流失

横穴式石室奧側から

横穴式石室正面より

 

玄室奥壁


チンカンドー古墳 【市史跡】

 

 旧家島町宮字東破風上、姫路沖に浮かぶ家島本島にある島嶼の古墳です。姫路市の飾磨港からフェリーで宮港(または真浦港)へ行き、そこから徒歩20分で登り口、さらに5分ほど山を登った南斜面にあります。登り口に標識あり。墳丘はかなり流失し、半壊した横穴式石室が露出。現存長3.5m、玄室幅1.4m。玄室内には、くり抜き式家形石棺が蓋を外された状態で残っています。身の外寸は144×84×64cm、蓋は150×76×26cmの大きさで、龍山石製です。七世紀前半の須恵器が出土しています。

石室正面

玄室奥壁と右側壁

玄室奧から

 

家形石棺、上から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system