鳥取県倉吉市南部・西部の古墳


大宮古墳 【管理人推薦】【市史跡】

 倉吉市大宮、大宮公民館の北200mの農地の中にあります。径21mの円墳で、横穴式石室の左側壁天井部が開口していますが、入室はできず、鉄格子の扉越しに内部を覗き込むようになっています。全長5m、玄室長2.6m、幅2.6m、高さ2.7mの両袖式で、奧・側壁は腰石の上に板石を持ち送って積み上げています。六世紀前半の築造と思われます。

墳丘

玄室左側壁の天井部が開口

玄室、右が奥壁

玄門


家ノ後口(ごりょう塚)古墳 【管理人推薦】【市史跡】

 倉吉市岩倉、大宮古墳の南1.5km、岩倉集落西の丘陵上にあります。径15mの円墳で、横穴式石室が開口。全長5m、玄室長2.3m、幅2m、高さ2.5mの左片袖式で、奧・側壁は大宮古墳同様、腰石の上に板石を持ち送って積み上げています。大宮古墳の後の六世紀後半に築かれたと思われます。

墳丘、石室正面

羨道から玄門

玄室奥壁

奧から玄門方向


国分寺古墳 【市史跡】

 倉吉市国府の国分寺本堂裏にあります。本堂の工事で墳丘はかなり削られていますが、全長60mの前期の前方後円墳と推定されています。主体部は粘土槨の中に木棺が納められていました。銅鏡三面と多数の鉄製品が出土しています。

 


上神大将塚古墳(大谷茶屋古墳群) 【市史跡】

 倉吉市上神236、県道23号線の寺谷入口バス停の南西200mにあります。前期の径25mの円墳で、大正五年に大型の箱式石棺が見つかっています。出土品は東京国立博物館に収蔵されているそうです。周辺にも古墳が分布し、大谷茶屋古墳群を形成しています。

 


上神48号墳 【管理人推薦】【装飾古墳】

 倉吉市上神、県道23号線沿いにある喫茶エーデルワイスの向かい付近から北側の農道を600mほど登っていった山林内の農道沿いにありますが、道が狭く入り組んでいるので、案内がないとわかりにくいです。全長34mの前方後円墳で、後円部に入口の破壊された横穴式石室が開口しています。現存長4.7m、玄室長3m、幅2.2m、高さ2.6mの両袖式で、奥壁は巨大な一枚石、側壁は左右とも二枚の巨石を一部重ねて並べ、その上部の隙間を板石を横積みして埋めています。玄門には、破壊された右袖石と床の仕切石がありますが、右袖石は古い写真では割られていないので、最近破壊されたようです。

石室正面

玄室の玄門、袖石と仕切石が破壊されている

玄室奥壁

玄室奧から

 玄室奥壁には装飾があります。奥壁全面に赤色顔料を塗り、線刻で根元を囲った樹木、家屋、綾杉紋、鳥などが描かれています。しかし、すべて細い線で描かれているので、確認するのは困難です。

綾杉紋(右上)と、家屋?凹んだ箇所に赤色顔料が残る

根元を囲った樹木(右)と鳥(左上、わかりにくい)


上神49号墳 【装飾古墳】

 倉吉市上神、49号墳の南となりにあります。径15mほどの円墳で、半壊した横穴式石室が露出しています。左袖石には線刻が認められますが、内容は不明です。

石室正面

玄室内部、奥壁が倒壊寸前

線刻のある左袖石

左袖石の線刻


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system