兵庫県西脇市(旧黒田庄町)の古墳


岡福谷池古墳群

 黒田庄町岡の福谷池の奥の福谷公園内にあります。池のほとりに1基横穴式石室が開口しており、全長6mくらいの無袖式です。周辺には破壊された墳丘が2基残されています。

池のほとりに唯一完存する円墳

石室内部

破壊された墳丘


小苗古墳群

 

 旧黒田庄町の北東端、旧山南町との境に近い山麓に分布する群集墳で、北中南の3支群からなり、さらに西側の農地でも消滅古墳が3基みつかっています。小苗集落内の県道139号線沿い東側に標識が出ています。そこから、東に向かって登っていき、フェンスを越えて山林に入ると、道が二つに分かれています。左へ進むと墓地があり、その北側の山林内に11基、右側の道を進んだ右側の山林内に中支群8基、その南の谷川沿いに南支群14基が分布しています。(名称はすべて仮称です)

 北支群

 11基からなりますが、全体的に薮に覆われてわかりにくく、確認できたのは7基です。墓地のすぐ隣りに1号墳があり、小型の破壊された横穴式石室が露出しています。

1号墳

1号墳石室

 その後ろの2号墳は石材が散乱。さらに後ろの3号墳はわずかに高まりがある程度。そこから山林の奧に入っていくと、となりの4号墳は石材散乱。

2号墳

3号墳

4号墳

 5号墳は小型の横穴式石室が露出、ほぼ完存しています。6号墳は崩壊した小横穴式石室の天井石が露出、その下方の7号墳は小型の横穴式石室の奥壁付近が良く残っています。

5号墳

5号墳石室内部

6号墳、天井石露出

7号墳

7号墳石室

7号墳石室内部

 中支群

 8基からなり、開けた山林内にありますが、状態が良くなく、なぜか9基ありました。林道の分岐路からすぐに山林内に入り、奥へ進むと仮称1〜3号墳があります。かなり崩壊していますが、3号墳で石室が露出しています。

1号墳、石材散乱

2号墳、石材露出

3号墳、石室露出

3号墳、石室横から

 その奧の4号墳は、横穴式石室の奧側が良好に残っています。狭く、細長い構造です。5号墳は崩壊した石室天井石が露出、6号墳は石室一部がが露出しています。

4号墳石室正面、前側は崩壊

4号墳石室開口部

4号墳石室内部

5号墳、天井石露出

6号墳、石室露出

 林道よりにある7〜9号墳は、いずれも小型の横穴式石室が比較的、良く残っており、露出しています。特に8号墳は、玄室の保存状態が良好です。

7号墳

7号墳、石室露出

7号墳、石室内部

8号墳

8号墳石室正面

8号墳石室内部、良好に残存

9号墳

9号墳石室横から

9号墳石室内部

 南支群

 14基からなりますが、12基確認できました。西よりの緩斜面には6基、東よりの山裾に沿ってほぼ一列に6基の古墳が並んでいます。緩斜面にある1、2号墳は低い墳丘に石材が散乱。積み石塚かもしれません。3号墳は半壊した小型の横穴式石室が露出しています。

1号墳、石材散乱

2号墳、石材散乱

3号墳、石室露出

3号墳、石室

 4、6号墳はともに墳頂が陥没し、石材が散乱しています。5号墳は、小型の横穴式石室の奧半分が残っていますが、前側は崩壊しています。奥壁は上下二段のようです。

4号墳、墳頂陥没

 

 

6号墳、墳頂陥没

5号墳

5号墳石室正面

5号墳石室内部

 東側の山裾に、7〜12号墳がほぼ一列に並んでいます。7、8号墳は、ともに小型の横穴式石室が開口。半壊し、奥壁付近だけが残っています。9号墳は石材が散乱。10号墳は、わずかに墳丘が残っています。

7号墳、石室開口

 

7号墳、石室内部 

8号墳、石室開口

8号墳、石室奥壁付近

9号墳、石材散乱

10号墳、わずかに墳丘が残る

 11号墳は、横穴式石室が比較的良好に残っています。内部は半分くらい埋まっています。最奧の12号墳は、石材が散乱しています。

11号墳、石室開口

 

11号墳、石室内部

12号墳、石材散乱


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system