奈良県五條市・黒駒古墳


 奈良県五條市の黒駒(くろま)古墳(22-A-5)で横穴式石室内から馬らしい線刻画の描かれた陶棺の破片が出土しました。国内初だそうです。現地説明会は3月18日午後1時半から行われました。線刻画拡大画像はこちら

御霊神社東側急斜面に古墳は存在し、墳丘はほとんど残っていない。地山を岩盤が露出するまで削って整地している。

 

 横穴式石室内部。吉野川流域に特徴的な結晶片岩を積み重ね、持ち送りも急である。仕切り石があるのは和歌山の石室の特徴。

 出土した陶棺の破片と思われる須恵質板状製品。左上に線刻画がへらがきで描かれている。


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system