福岡県久留米市草野町の古墳


前畑古墳 【管理人推薦】【装飾古墳】【県史跡】

 久留米市草野町草野504、草野歴史資料館の南の道路沿いにあります。以前は民家の敷地内にありましたが、現在は自由に見学できます。径20mほどの円墳と思われますが、墳丘は大きく改変されています。横穴式石室は全長8.5m以上、後室長3.5m、幅2m、高さ2mの複室構造で、持ち送りは少なく、奥壁、天井に巨石を使用しています。奥壁の前には板石の棺台が残っています。装飾はすべて後室に描かれています。奥壁、左右側壁に赤色で同心円紋、円紋多数。玄門の袖石には赤と青色で同心円紋、玄門天井にも赤色で同心円紋と円紋が描かれています。なお、装飾は説明板の石室実測図に記されたもの意外にも多数あります。

 

石室開口部

後室の玄門、左右袖石に同心円紋がある

後室奥壁、同心円紋多数

後室玄門奧から

後室奥壁(右側)と右側壁の同心円紋

右側壁の同心円紋

後室奥壁(左側)と左側壁の同心円紋

左側壁の同心円紋、右上の石材にもある

後室玄門左袖石の赤・青色の同心円紋

後室玄門天井の円紋(左側)と同心円紋


下馬場古墳 【管理人推薦】【装飾古墳】【国史跡】

 久留米市草野町吉木2263、径30mの円墳で、全長12.7m、後室長3.7m、幅2.3m、高さ2.8m、前室長2m、幅2.5m、複室構造の大型横穴式石室が装飾も含め生で見学できます。装飾は後室奥壁・左右側壁、玄門袖石、前室左右側壁に、赤・青色で同心円紋、三角紋のほか、船、靫のような紋様などが多数描かれています。密閉されていないので、保存状態はよくありませんが、彩色壁画を通年、生で見学できる貴重な石室です。羨道部はほとんど失われ、入口に覆屋が設けられていて、扉の鍵は近所の上野さんのお宅にあります。

 

羨道部

前室側壁と後室の玄門左右袖石に同心円紋など

後室奥壁、左右側壁に装飾多数

後室玄門奧から

後室右側壁の装飾

後室左側壁の装飾

後室玄門左袖石の赤・青の同心円紋

前室右側壁の装飾

前室右側壁の赤・青色の同心円紋

前室の玄門、奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system