京都府京都市西京区の古墳


上ノ山古墳、穀塚古墳

 上ノ山古墳は京都市西京区松尾上ノ山の葉室家墓地北隣りにあります。径10mの円墳で、主体部は横穴式石室ですが、埋まっています。葉室家墓地の南側に隣接して、道路が丸くカーブしている場所があります。これが穀塚古墳(山田葉室町)の存在した場所です。元々は全長40.5mの前方後円墳でしたが、1957年頃に壁土採取のために消滅し、現在は道路の形に後円部の痕跡を残すのみです。主体部は竪穴式石室で、五世紀後半の築造です。

上ノ山古墳

道路のカーブが穀塚古墳の跡


天皇の杜古墳 【国史跡】

 京都市西京区御陵塚ノ越町の国道9号線沿いにあり、古代の山陰道沿いでもあります。全長83m、後円部径50.5mの保存状態の良い前方後円墳で、二段築成、葺石、埴輪を伴います。周囲は周濠状に整地されていますが、発掘調査の結果、周濠はなかったようです。前方部が低く、前期の古墳と見られます。現在史跡公園として整備公開されています。

後円部から前方部

葺石が残っている


福西古墳群

 京都市西京区大枝東長町、中山町、東新林町、北福西町にまたがる古墳群です。洛西ニュータウンの開発などでかなり消滅しましたが、現在9基が保存され、うち3基が整備保存、3基が現状保存、3基が建物の下に埋没保存されています。北福西町の京都市洛西北福西市営住宅の中にある福西遺跡公園には7、10号墳が現地保存されています。7号墳は径15mの円墳で、主体部は木棺直葬。10号墳は径12mの円墳で、横穴式石室の下半分が残存。全長6.2m、幅1.4mの無袖式で、縄紋時代の遺物包含層に築かれています。

7号墳

10号墳

 大枝東長町のコープ洛西の敷地内には4号墳が保存されています。径23mの円墳で、横穴式石室は埋め戻されていますが、玄室長4.5m、幅2.1m、羨道長5.6m、幅1.1mの両袖式で、玄室床面には礫が敷かれていました。

  4号墳

 コープの北西500mの道路沿いに20号墳があります。未調査なので、古墳ではないかも知れません。すぐ北のアパートのブロック塀の下に30号墳が残されています。石室の石材が一部露出しています。となりのマンションの地下には31号墳が埋没保存されています。このほかに27号墳が果樹園の中に現状保存、29、32号墳が建物の下に埋没保存されています。

20号墳

30号墳


大枝神社古墳

 京都市西京区沓掛町、旧山陰道沿いの大枝神社境内にあります。本殿の右の方に鳥居が建てられた径11mの墳丘があり、石室の天井石が露出しています。

古墳がご神体となっている

石室天井石が露出


勝持寺古墳群

 京都市西京区大原野南春日町、「花ノ寺」として知られる勝持寺の周辺に分布する6基からなる古墳群ですが、2、3号墳は消滅しているようです。1号墳(長嘯塚)は径13mの円墳で、駐車場の前の林の中にありますが、道路に面した崖に石室の断面が露出しています。そのすぐ後ろの茂みの中に石室開口部があります。全長5.2m以上、玄室長3.6m、幅1.4m、高さ1.5m、羨道幅0.9mの左片袖式で、羨道部はほとんど埋まっています。右側壁がものすごく傾いてきており、ちょっと、入る気にはなれません。奥壁も横方向に崩れているように見えます。

1号墳、道路に面して羨道が露出

1号墳石室開口部

1号墳玄室奥壁、こんなに傾いた側壁は初めて

1号墳玄室奧から

 勝持寺の裏山の尾根筋に4〜6号墳があります。4号墳と思われる古墳は、巨大な石材が露出しています。すぐ西に5号墳の低いマウンドがあり、石室の一部が露出しています。さらに西に6号墳があり、墳頂が凹んで、一部石材が露出しています。

4号墳?

5号墳

6号墳

6号墳石室材


下西代2号墳

 京都市西京区大原野南春日町、圃場整備で水田の下から2基の埋没古墳が発見されましたが、そのうち2号墳の横穴式石室が非常に珍しい形態であったために近くに移築復元されました。墳丘は径20mの円墳で、横穴式石室は全長12m以上、玄室長3.8m、幅1.8m、高さ1.2m以上、羨道長8.2m以上、幅1.2mの両袖式で、非常に細長い石室です。特異なのは、玄室の中にさらに小石室が設けられています。サイズは2.6m×0.5m×0.4mで、蓋も残っていました。小石室の年代ははっきりしないのですが、少なくとも築造時のものではないと思われます。なお、石室復元時に、欠損していたところは消滅した1号墳の石室材を転用しているそうです。

石室正面から、玄室の奧に変な物が見えます

これが石室内石室

石室内石室サイドから

奧から


八幡宮1号墳

 京都市西京区大原野石作町の長峰八幡宮の本殿下にあります。上記の下西代2号墳の西400mです。一見、どこに古墳があるのか、わかりませんが、本殿右側に回ると、土台の石垣に1ヶ所穴が開いていて、そこが横穴式石室の開口部です。玄室長3m、幅1.5m、高さ1.5m、羨道幅1mの右片袖式です。

石室開口部、わかりますか?

石室内部


灰方古墳群

 京都市西京区大原野灰方町、大歳神社南200mの東向き丘陵先端にあり、鞍部を市道が分断するように通過している左右両側に分布しています。9基の円墳からなりますが、状態の良い物はありません。

道路西側の陥没した円墳

道路東側の円墳


芝1号墳

 

 京都市西京区大原野石見町の竹林の中にあります。芝古墳群は前方後円墳1、方墳1、円墳12基からなる群集墳で、京都市西京区と長岡京市にまたがって分布しています。ほとんど未調査でしたが、2014年に、前方後円墳である1号墳の調査が行われました。その結果、墳丘長33m、後円部径22mの前方後円墳で、出土した埴輪から六世紀初頭の築造であることがわかりました。また、後円部の西側高い位置に排水溝の石組みが良好に残っていました。埋葬施設に伴うものと考えられます。

後円部北側の第1トレンチ

後円部西側の第2トレンチ、主体部の排水施設か?

後円部東側の第3トレンチ

前方部南側の第4トレンチ、投棄された埴輪片の塊


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system