奈良県天理市・マバカ古墳

墳丘を囲む周濠を検出


●奈良県天理市萱生町 マバカ古墳

●2004年8月29日 現地説明会/奈良県立橿原考古学研究所

 県道予定地の調査で、前回調査の隣接地から南北10m、東西11mの落ち込みを検出。墳丘を巡る周濠と見られます。西側に向かって傾斜していて、深さは10〜80cmしかなく、空濠と思われます。

出土土器

周濠跡、左向こうはノムギ古墳


ホームに戻る

inserted by FC2 system