奈良県桜井市・纒向遺跡

中期の埋没古墳を新規発見


●奈良県桜井市東田 纒向遺跡 第145次

●2006年3月25日 現地説明会/桜井市教育委員会

 東田大塚古墳の東80mにおいて、新たな埋没古墳が2基発見され、ヤナイタ1、2号墳と命名されました。ともに小規模な方墳で、2号墳周溝から見つかった埴輪片から、5世紀末〜6世紀前半頃のものと見られます。

手前が2号墳、遠方に矢塚古墳

東田大塚古墳との位置関係


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system