岡山県真庭市(旧八束村)の古墳


四ツ塚古墳群 【一部国史跡】

 

 真庭市蒜山上長田、蒜山南麓の高原に築かれた古墳群で、六世紀頃に築かれた19基からなり、蒜山郷土博物館隣りの四ツ塚史跡公園とその周辺に16基が現存しています。1号墳は最も西にある径24mの円墳で、横穴式石室が唯一開口しています。玄室長4.88m、幅1.9m、高さ2.32mの右片袖式で、小型の川原石を高く積み上げたいかにも古い石室です。人骨のほか、須恵器、土師器、刀、馬具、鍛冶具、玉類などの副葬品が出土しています。

1号墳

1号墳石室羨道

1号墳玄室奥壁

1号墳玄室奥から

 1号墳から南東方向の尾根筋に2〜4号墳の大きな円墳が並んでいて、これらが四ツ塚の由来となっています。

2号墳

3号墳

4号墳

 4号墳の南側の丘陵南端に5、6号墳が並んでいます。いずれも1〜4号墳よりはやや小さい径15mほどの円墳です。2〜4号墳に隣接して17〜19号墳の小円墳がありますが、墳丘は不明瞭です。

5号墳

6号墳

17号墳

19号墳


水別古墳群

 元、蒜山下長田にありましたが、県道工事に伴い調査され、うち2基が現在、蒜山郷土博物館に移築復原されています。1号墳は径7mの円墳で、横穴式石室は全長4m、幅2.3m、高さ1.7mの両袖式で、基底部にやや大きめの石材を据え、その上に小さい石材をドーム状に持ち送っています。5人以上が埋葬されていたようです。2号墳は径7mの円墳で、横穴式石室は全長3.9m、幅1.1mの規模です。

手前が1号墳、左奥が2号墳

1号墳玄室奥壁

1号墳奥から外、袖部には柱石を立てる

2号墳石室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system