熊本県宇城市東部(旧松橋町)の古墳


宇賀岳古墳 【県史跡】【装飾古墳】

 旧松橋町松山、岡岳山頂(岡岳総合グラウンド)にあります。周囲は公園化されていますが、その公園工事で墳丘が削られたとか・・・。現状の復元墳丘も本来の姿かどうかはわかりません。主体部も崩壊していましたが、石棺式石室に近い横穴式石室として復元されています。玄室長2.4m、幅1.95m、羨道長0.8m、幅1.3m。三枚の巨石で玄室を囲み、大小二枚の天井石が架けられていました。奥壁上部には二個の小突起の基部が残っています。装飾は奥壁、両側壁に円紋、連続三角紋、平行紋が線刻で全面に描かれ、その上から濃い赤、薄い赤、緑色で彩色されています。保存状態は良くなく、奥壁は何とか見える程度、両側壁は視角も悪く、ほとんどわかりません。最近、一斉公開日に公開されるようになりました。

復元墳丘

羨道から玄室方向

玄室奥壁、小突起二個が残る

右側壁、装飾まったくわからず

左側壁、装飾まったくわからず

奥壁中央の装飾拡大


豊福古墳 【市史跡】

 旧松橋町豊福、アヤックス松橋工場の南隣の雑木林の中にあり、工場の建物に隣接しています。サンビレッジ六番館の側から接近すると、道沿いに説明板があり、そこから工場の建物に沿って林の中を進んだ所にあります。墳丘は失われ、大型の横穴式石室が露出しています。玄室は巨大な天井石が落ち込んでいて、他の天井石や側壁の一部も崩壊しています。

石室正面

玄室、巨大な天井石が落下

右側壁の袖石付近

天井石の上より、羨道をみる


年の神古墳 【市史跡】

 旧松橋町竹崎、677番地の民家の裏にあります。この辺りは、あの蒙古襲来絵詞の主役・竹崎季長の出身地です。古墳は封土がまったく無くなり、横穴式石室の側壁などが露出しています。石灰岩の巨石で築かれ、側壁材は一部切石風に加工しています。

田圃の中に石室露出

玄室正面

玄室奧側から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system