兵庫県加西市・女鹿山古墳群

初期須恵器を有する群集墳


●兵庫県加西市西上野町 女鹿山古墳群(5世紀後半)

●2002年7月6日現地説明会/加西市教育委員会

 遺跡範囲確認調査で、6号墳の規模を確認、21号墳を新規発見。6号墳は径11mの円墳で周溝から初期須恵器の甕が出土。21号墳は西に隣接する径10mの円墳でやはり周溝から初期須恵器が出土しています。女鹿山古墳群は21基からなる小規模な群集墳ですが、初期須恵器や韓式土器を出土するなど有力な豪族の存在が想定され、東方にある玉丘古墳群との関係も注目されるところです。

6号墳、人垣の位置が21号墳

21号墳から出土の須恵器甕の破片、白っぽいのが在地の特徴


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system