京都府舞鶴市・三浜丸山古墳群

海辺の群集墳


 京都府舞鶴市三浜の三浜丸山古墳群で後期の横穴式石室3基と小石室4基を検出。周辺には製塩遺跡を含む三浜遺跡があり、海と関係した集団の古墳群と見られます。2001年12月22日現地説明会。

左上/古墳群前の風景・三浜漁港  上右/古墳群全景、墳丘はほとんど残っておらず石材が露出

中左/7号墳小石室、半壊だが保存が良いほう  中右/4号墳横穴式石室、石材が樹根に覆われて上部のみの確認

下左/7号墳  下右/2号墳横穴式石室、昭和34年に発掘され須恵器が出土


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system