静岡県浜松市(旧三ヶ日町・細江町・引佐町・雄踏町の古墳)


西山古墳 【管理人推薦】【市史跡】

 旧三ヶ日町釣の公民館のすぐ北に案内板があり、そこから果樹園の中を西へ進むと、たどり着きます。径14.5mの円墳で、横穴式石室は羨道が埋まっていますが、全長8m、玄室長3.3m、最大幅1.94m、高さ2.21m、羨道長1.5m、幅1.1mの疑似両袖式で玄室は胴張り状です。玄門には、天井から離れたマグサ石が架けられ、奥壁の上段の石は前傾しています。かつては数十基存在しましたが、みかん園の開墾により、完存するのは1基のみです。ほかに残骸1基確認。

石室開口部

玄室奥壁

奧から玄門部

他の古墳の残骸


日比沢4号墳

 旧三ヶ日町日比沢、西山古墳の西1kmの道路沿いにあります。径10mほどの円墳ですが、墳頂は陥没し、石材が散乱しています。

 


愛宕平古墳 【管理人推薦】【市史跡】

 旧三ヶ日町都築、天竜浜名湖鉄道の東都築駅東側のガードを越えたすぐのところにあります。径11mの円墳で道路沿いに石室が開口しています。施錠されていますが、簡単に入ることができます(^^)。石室は全長7.5m、玄室長4.5m、幅1.8m、高さ2.2m、羨道長3m、幅1.5m、高さ1.5mの疑似両袖式で、玄門には西山古墳同様天井から独立したマグサ石が架けられ、奥壁は縦長の1枚石です。保存状態がとても良好です。

石室開口部

羨道、マグサ石が遊離している

玄室奥壁

奧から


白山古墳群 【市史跡】

 旧引佐町井伊谷正楽寺の白山神社周辺に分布する6基からなる古墳群ですが、元々は10基以上存在したようです。神社の西端から裏山への登り道があり、登り始めるとすぐに金網に囲まれた2号墳があります。径5mほどの円墳で、大きな盗掘坑が見られます。さらに50mほど登ると、1号墳があります。かなりの急斜面に築かれた径6mの円墳で、その割には横穴式石室が良く残っています。玄室長3.3m、幅1m、高さ1.2m、羨道長3m、幅1mのマイクロサイズで、玄室は地山を掘り込んで平坦な床面を作っていますが、羨道は、傾斜面のままで、天井石も掛けられてなかったと考えられています。その他には、神社下の道路脇に5号墳のみ発見できました。

1号墳

1号墳玄室

2号墳

5号墳

 神社の東50mに3号墳があるという情報を得ましたので、行って来ました。道沿いにあり、周囲をフェンスで囲っています。径10mほどの円墳ですが、中央が陥没しています。

3号墳、道沿いにある

中央陥没


北岡古墳群 【市史跡】

 旧引佐町井伊谷、引佐総合公園の入口のところから、古墳への登り道があり(標識完備)、急な坂道を200m行くと2号墳があります。径5.7mの円墳で、背面カットが見られます。南に開口する横穴式石室は、全長3.2m、幅1m、高さ0.75m以上の規模で羨道はなく、玄門の脇に蓋石が倒されています。白山1号墳とほぼ同規模で、同じ設計で造られた可能性があります。さらに100mほど登ると墓地があり、その中に1号墳があります。現状は石材が1個露出している程度です。墓地の奧に、北岡大塚古墳があります。全長46.5mの前方後方墳で、二重口縁壷の破片が出土し、四世紀前半の、この地方最古の古墳と考えられています。現在、墳丘内は立入禁止となっています。

2号墳、いきなり玄門部

2号墳玄室

1号墳

北岡大塚古墳


陣座ケ谷古墳

 旧細江町から浜松市街へ向かう県道沿いに案内板が出ています。古墳へ登っていく道はかなり狭いですが、根性で愛車を突入させました(^^;)。公園として整備されており、平野部からもよく見えます。全長55mの前方後円墳で円墳が隣接しています。

 


狐塚古墳

 旧細江町の浜名湖を見下ろす丘陵上に築かれた古墳で、半世紀前に長方板革綴短甲や鉄鏃が出土した後、土取りによって墳丘の大半が消滅しました。2011年に、さらに土取りで消滅するため、残った墳丘が調査されました。その結果五世紀中頃の一辺22mの二段築成の方墳で、葺石、埴輪を伴うことが判明しました。それまで、都田川流域の首長墓は、北岸の井伊谷に築かれ、葺石、埴輪は伴って居ませんでしたが、狐塚古墳以後、南岸に移り、大和仕様となります。五世紀中頃に、大和と強く結びつく画期があったことが窺えます。狐塚に続くのがすぐ近くの陣座ヶ谷古墳です。

一見美しい墳丘、向こう側は崖です。

下段の葺石、目地の左右で並べ方に差がある

上段の葺石と断ち割り

過去に出土した長方板革綴短甲


陣内平古墳群

 浜松市旧細江町初生町、桜ヶ丘団地内の陣内平(神宮寺?)古墳公園にあります。元、6基の古墳がありましたが、宅地造成で3号墳以外は消滅しました。3号墳(1号墳?)は全長15.4m、後円部径12.2m、前方部幅6.6mの帆立貝式古墳です。主体部は粘土槨に木棺が納められ

古墳公園に1基だけ保存

墳形がよくわかります


白山神社古墳

 浜松市旧雄踏町宇布見の白山神社境内にあります。浜名湖に近い丘陵上に築かれた単独墳で、墳丘は完全に失われ、横穴式石室の基底部だけが残っています。全長3.45m、最大幅1.15mの疑似両袖式で、玄室は胴張り状、袖石は両側残されています。

墳丘は消失

袖部から玄室方向


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system