山梨県南アルプス市の古墳


おつき穴古墳

 旧白根町今諏訪の上今諏訪交差点すぐ西の道路沿いにおつき穴公園として保存されています。一見、径10mほどの小円墳に見えますが、反対側に開口する石室は意外にも割と大型です。現存長7.23m、幅2m、高さ1.4mの無袖式ですが、羨道部が破壊されていて、もう少し長く、右片袖式だった可能性もあります。天井、奥壁には巨石を使用しています。墳丘も本来はもっと大きかったに違いありません。

塚原上村(わでむら)古墳

 市史跡。旧甲西町塚原272番地、妙長寺の西にあります。径9mの円墳で、横穴式石室の玄室部のみが残っています。玄室長4.5m、幅1.6m、高さ1.65mで唯一残った天井石はけっこう巨大です。別名「大西のおかま」と呼ばれているらしい。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system