岡山県美咲町の古墳


越尾古墳

 美咲町越尾の摩賀多神社すぐ南にあり、墳丘は棚田の中に取り込まれています。棚田の斜面に横穴式石室が開口。玄室長5.4m、幅2.3m、高さ2.8m、羨道長4.2m、幅1.5m、高さ1.6m(データは「古墳奮闘」に拠る)の右片袖式です。全体的に小さめの石材を使っていますが、大きな石室で、奥壁上部が抜かれている以外は保存状態も良好です。

棚田と化した墳丘

羨道

玄室奥壁

奧から

百田古墳

 美咲町越尾、摩賀多神社から北東1km、谷間のさらに奧の小さな集落の民家裏にあり、道路から見えています。径10mほどの円墳と思われますが、墳丘の崩壊が現在も進んでいます。横穴式石室が北の谷間に向けて開口。羨道部は崩壊していますが、玄室は玄室長4m、幅1.6m、高さ2m、奥壁下側以外は小型の石材をきっちりと積み上げ、保存状態は良好です。

羨道付近は崩壊

石室内部

玄室奥壁

奧から

唐臼墳墓群

 岡山県史跡。美咲町打穴西、県道70号線に標識が出ており、そこから案内標識にしたがって西の山中に1.5kmくらい登った東斜面にあります。横穴式石室墳3基、奈良時代の火葬墓1基からなり、古墳時代から奈良時代にかけての墓制の変遷を知る上で貴重な遺跡です。最も下方に天井石を失った横穴式石室が2基露出しています。うち、1号墳からは亀甲形陶棺が出土し、側面には白色顔料で円紋が描かれていました。少し上方に比較的保存の良い3号墳の石室が露出。最も高い位置にある火葬墓は一辺6mの方形二段の石列で囲まれた盛り土の上に蔵骨器を納める穴を彫った花崗岩製の外容器が露出しています。本来はこの上に盛り土があったと思われます。

1号墳

2号墳

3号墳

3号墳石室奥壁

奈良時代の火葬墓

火葬墓の花崗岩製外容器


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system