岐阜県御嵩町東部の古墳


真名田古墳

 御嵩町大庭台、大庭団地の造成工事で調査され、その後、団地ほぼ中央の公民館隣りに石室が移設されています。調査時すでに半分削られていて、残っているのは玄室奧側のみです。小型の石材を積み上げています。石室内には石棺の底石が置かれていて、現在は中山道みたけ館で展示されています。190×66×19cmの大きさで溝が深く、側面に石材ではなく、木の板を立てていたと考えられています。猫の足跡のような彫り込みがありますが、正体不明。

団地の中に石室移設

石室正面

玄室奥壁

中山道みたけ館の石棺底石


宝塚古墳 【県史跡】

 御嵩町中2050、中保育所の北にあります。径46m、可児地域では最大の円墳です。二段築成で葺石が見られます。内部施設は不明ですが五世紀頃の築造と思われます。

 


雷神山古墳

 御嵩町中、宝塚古墳の北の白山神社参道左側にあります。径18mの円墳で、墳頂には小祠が祭られています。宝塚古墳と同じ頃の築造と思われます。

 


山の神古墳

 御嵩町中、上記の白山神社西側に広いグランドがあり、丁度、その反対側の林の中にあります。径20mの円墳で、ここにも墳頂に小祠が祭られています。周溝の痕跡も一部残っています。

 


愚渓寺稲荷古墳

 御嵩町中2635の愚渓寺(立派な寺で、宝塚古墳の所有者でもある)の東隣りにある稲荷社の社殿裏にあり、稲荷社の奥の院となっています。径22mの円墳で、保存状態の良い横穴式石室が開口。全長約6m、玄室長3.5m、幅1.5mの両袖式で、羨道はハの字に開き床面は少し埋まっているようです。奥壁はほぼ一枚石で、天井石も真っ平らです。終末期仕様のいい石室です。

石室開口部、ハの字に開く

玄門部

玄室奥壁、ほぼ一枚

奧から


愚渓寺天神山古墳

 御嵩町中2105、愚渓寺の西200m、丘陵上の狭い住宅地の中に保存されています。径20mの円墳ですが、周囲を四角く削られています。詳細は不明。

 


禅堂平西古墳

 御嵩町中2638、愚渓寺から北西へ山麓の墓地沿いに進むと、墓地の北側に東へ登っていく林道があります。ここを100mほど登り、分岐路を左へ進むと、林道の左側に墳丘があります。径13mの円墳ですが、林道で墳丘が半分削られています。主体部は横穴式石室とされていますが、詳細不明。

 


若宮古墳群

 御嵩町御嵩1072、御嵩町役場北の若宮八幡神社境内に3基の古墳が残されています。石段途中の左側に小さなマウンドがあり、1号墳だと思われますが、資料には葺石、横穴式石室など保存状態良好と書かれており、現状とかなり違うので他にあるのかも知れません。石段右側の奧に2号墳があります。径20mの円墳で、中央に陥没があり、石室の石材が一部露出しています。その背後にある3号墳は径20mの円墳で、中央が陥没しています。

1号墳?

2号墳

2号墳の石室跡

3号墳


中切古墳 【管理人推薦】【県史跡】

 御嵩町の国道21号中切交差点すぐ北の尾根先端に築かれた全長42m、後円部径28.5mの前方後円墳です。平家蟹さんが行き逃したという教訓を活かして、しっかり行かせていただきました(^^;)。道路を少し登ったところから進入できます。主体部はくびれ部近くに開口した横穴式石室で、入り口部がコンクリートで補修されています。全長10.6m、玄室長7.3m、幅2.4m、高さ2.7m、羨道長3.3m、幅1.3m、高さ1.8mの左片袖式で、玄室がかなり長大で、奥壁天井部に盗掘坑が開いています。


長岡古墳群

 御嵩町長岡の長岡墓地に3基の古墳が残されています。墓地奧の山林内にある1号墳は径20mの円墳で、墳丘中央が大きく陥没し、石材が散乱しています。2号墳は、その南側にあると思われますが、破壊されてよくわかりません。3号墳は駐車スペースのところから山林に入った先にあります。径13mの円墳で、横穴式石室が唯一残存。内部はかなり埋まっています。

1号墳、中央が陥没

2号墳か?

3号墳石室

3号墳石室内部


神明古墳

 御嵩町美佐野の神明神社社殿裏にあります。径15mの円墳で、主体部は横穴式石室です。現在石材が露出していますが、内部は埋まっています。

石室露出

玄室付近の天井石


奥田古墳

 御嵩町中123、可児御嵩バイパス南山団地入口交差点からバイパスを西へ200m、南へ150m進むと、左側の丘陵斜面の栗畑の中に墳丘があります。径15mくらいの円墳で、横穴式石室が開口。羨道前部は破壊され、床がかなり埋まっていますが、それ以外は完存。全長約7m、玄室長3m、幅1.5m、小さいながらも鏡石や玄門をきっちり備えた良品です。

栗畑の中の墳丘

玄門

玄室奥壁

奧から


東洞池西古墳

 御嵩町古屋敷の山裾に東洞ため池があり、その中に、1基の古墳が半分水没しています。渇水期には横穴式石室が見えるということですが・・・。

  普段はまったく見えません・・


大王寺古墳群

 上記の東洞ため池の西の丘陵上には大王寺古墳群4基、東洞古墳群4基があることになっていますが、現在開発されて墓地になっています。その中にわずかに古墳を思わせる高まりがある程度です。

  この辺りが大王寺1号墳か?


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system