宮崎県宮崎市生目古墳群


生目古墳群 【管理人推薦】【国史跡】

 

 宮崎市跡江の丘陵上にあり、現在、生目古墳群史跡公園として整備され、埋蔵文化財センターと展示施設を兼ねた生目の杜遊古館も併設されています。四世紀から五世紀後半にかけて築かれた前方後円墳8、円墳43、地下式横穴墓56基からなります。特に全長100m超の前方後円墳が3基集中する前期の九州では最大規模の首長墓群です。最も北にある1号墳は全長136mの前方後円墳で、四世紀初め頃の築造、群中最古とされています。箸墓古墳の二分の一の大きさの相似形と言われますが、未調査です。現状で急斜面の上にあり、見学は困難です。後円部東側に円墳の2号墳、さらに東側に小円墳24〜26号墳が並んでいます。

1号墳、後円部、左の方に2号墳がある。

1号墳、前方部

 1号墳から谷を挟んだ南側の丘陵先端に3号墳が築かれています。全長143m、後円部径88m、前方部幅43mの前方後円墳で、群中最大、九州でも三番目の規模です。また、馬蹄形の周溝の一部が残っています。3号墳の北東に4号墳、北西に28号墳があり、ともに円墳です。

3号墳

4号墳

28号墳

 3号墳の東隣りにある5号墳は全長57m、後円部径29m、前方部幅24mの前方後円墳で、西側に周溝が巡ります。墳丘斜面は葺石に覆われ、現在、築造時の状態に復元されています。また、平野から見える東側に円筒埴輪が置かれていました。この円筒埴輪は口縁部が大きく開いた特殊な形状をしています。四世紀末頃の築造で、この5号墳を最後に、首長墓の造営は一旦、西都原古墳群に移動します。埋葬施設は未調査です。後円部に隣接して、19号地下式横穴墓があり、本体の上にレプリカで復元展示されています。5号墳の築造後まもなく築かれており、両者には何らかの関係があったと思われます。

5号墳前方部から後円部

5号墳後円部から前方部

5号墳後円部隣にある19号地下式横穴墓レプリカ

19号地下式横穴墓、入口の竪穴と玄門

 5号墳の東側の林の際に6号墳があります。また、南側には31号墳を挟んで7号墳があります。7号墳は全長46m、後円部径25m、前方部幅24mの群中最後に築かれた前方後円墳で、二段築成。上段にだけ葺石が施されています。深い周溝と造出しがあり、造出しの周囲からは祭祀用の土器が多数出土しました。周辺には10基の地下式横穴墓が見つかっていて、特に18号地下式横穴墓は周溝に竪坑を掘削し、そこから後円部に向かって全長5m以上の玄室が掘られた長大な横穴墓でした。この横穴墓には7号墳の被葬者が埋葬されていたと考えられ、前方後円墳の中心埋葬施設に地下式横穴墓が採用されているのは、ここが唯一の例です。

薮の中の6号墳

発掘調査中?の7号墳

7号墳の周溝部、造出しのあるあたり

 7号墳の南側には円墳が密集したエリアがあります。大きな円墳の9号墳を中心にして、周囲に8、10〜12、33号墳が取り囲んでいます。11号墳は周囲を削られ、墳丘がわずかしか残って居ません。12号墳は発掘調査の結果、径20mの円墳と判明しました。埴輪、葺石はありませんでした。

8号墳

9号墳、大きな円墳

10号墳

11号墳

12号墳

33号墳、最近調査されたっぽいです

 

 9号墳の南の林の中に13号墳があり、その前におそらく整備前の旧説明板があります。旧説明板では、前方後円墳7、円墳22基となっています。13号墳から南に進むと、台地東側の縁辺に16〜19、34号墳が並んでいます。

13号墳の前の旧説明板

13号墳

19号墳

18号墳

16号墳

17号墳

 台地の西側には14、15号墳があります。14号墳は全長63m、後円部径38m、前方部幅20m、二段築成の前方後円墳です。斜面、テラス、墳頂の全面が葺石で覆われていて、しかも石の敷き方が非常に丁寧で保存状態も良好でした。その割に、周溝は前方部端部側が省略された手抜き工事?でした。平坦面には壷形埴輪が並べられていましたが、頚が長い特異な形をしています。また、周溝から地下式横穴墓が1基みつかりました。

14号墳

15号墳

 古墳群の南端には、21〜23号墳の3基の前方後円墳が集中しています。21号墳は全長33m、後円部径20mの前方後円墳で、前方部が完全に削られています。群中最小の前方後円墳ですが、特異なのは、周溝に13基もの地下式横穴墓が墳丘を取り囲むように築かれていました。うち1基は五世紀初め頃に築かれた宮崎平野では最古の墓です。南端にある22号墳は全長101m、後円部径60m、前方部幅25mの前方後円墳で、後円部三段、前方部二段。葺石、埴輪が認められます。前方部東側に造出しがあります。四世紀後半の築造です。

21号墳、左奧は22号墳

22号墳

23号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system