宮崎県宮崎市南部


赤江古墳 【県史跡】

 宮崎市恒久二丁目、恒久小学校の南にあります。径43mの円墳ですが、周囲を住宅に囲まれ、かなり変形されているようです。江戸時代に盗掘され、石槨が存在したとされています。

 


木花古墳群 【県史跡】

  1号墳

 宮崎市熊野、県道338号線沿いにある田代モータースの北200mにあり、2基の前方後円墳が隣接して並んでいます。西側の1号墳は全長58.2m、後円部径30m、前方部幅20mで北向き。くびれ部から箱式石棺が見つかっているそうです。墳丘上は墓地となっており、かなり改変されています。

1号墳、前方部から後円部

1号墳、後円部から前方部

 東側の2号墳は全長43m、後円部径26m、前方部幅19mで東向き。こちらも墳丘周辺が墓地となっており、かなり改変されています。説明板には径16mの円墳の4号墳もあると書かれていますが、どこなのか不明です。また、説明板の1、2号墳のデータは多分、逆ですね。

1号墳から見た2号墳後円部

2号墳南側に説明板


青島村古墳 【県史跡】

 宮崎市青島1丁目、5基の古墳が県史跡に指定されていますが、現在確認できるのは2基のみです。ルートイングランティアあおしま太閤閣の東隣の青島歴史文化の広場に2号墳があります。墳丘はすでに無く、石室(箱式石棺?)の一部が露出していますが、石材は元の位置からは動かされているそうです。ルートイングランティアあおしま太閤閣の西の丘陵上には5号墳があります。主体部は箱式石棺らしいですが、林が荒れていて進入しにくい状況です。

広場内の2号墳

2号墳、石室(箱式石棺?)露出

5号墳のある丘陵
 


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system