長野県御代田町・小諸市・東御市・坂城町の古墳


馬瀬口下原古墳

 町史跡。御代田町馬瀬口、小諸市との境界に近い国道18号線南側の緩やかな斜面にあります。元は5基存在しましたが、国道の建設で4基が破壊され、現存は1基のみです。径15mほどの円墳で、横穴式石室が天井部を露出して開口しています。玄室は羽子板状の両袖式で、安山岩の自然石乱石積みです。一部天井石が失われている以外は良好に残されています。

石室正面

玄室奥壁、二段積み

奧から

耳取大塚古墳 【管理人推薦】

 市史跡。小諸市耳取、美里工業団地南西の農地内にあります。大きな墳丘はかなり改変されていますが、径25mの円墳で、市内最大の横穴式石室が開口しています。玄室長4.5m、幅2.75m、高さ2.45m、羨道長1.95m、幅1.65m、高さ1mの両袖式で、奥壁、天井には巨石を使用し、羨門もきちんと構築しています。

南側に大きく開口

石室正面、立派な羨門

玄室奥壁、巨石使用

奧から

塚穴古墳

 市史跡。東御市滋野191、滋野小学校の南300mの団地横にあります。墳丘はかなり削られ、元の姿を留めていません。横穴式石室は天井石が一部失われていますが、それ以外は完存。玄室長2.4m、幅2.4m、高さ1.5mの両袖式です。右側壁に小室があり、祭壇的な施設と考えられます。現在も「白鶴」が供えられています。

古墳の現状

玄室奥壁

奧から

右側壁の小室

御廚社古墳 【管理人推薦】

 町史跡。坂城町上平の宮崎氏宅裏にあります。径15mの円墳ですが、かなり墳丘は削られているようです。建物の裏に横穴式石室が開口。玄室長8.2m、幅2.3m、高さ2.6mの左片袖式で、石材は小ぶりですが、玄室はかなり長大です。六世紀末頃の築造と見られています。

民家の裏に石室開口

羨道、はるかかなたに奥壁がみえる

玄室奥壁

奧から


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system