三重県名張市北部の古墳


美旗古墳群 【管理人推薦】

 国指定史跡。近鉄美旗駅周辺に分布し、前方後円墳5基、円墳1基、方墳1基が指定されています。他に倍塚として、小円墳、方墳がいくつか存在しています。

 殿塚古墳

 最も北にある、丘陵を整形して築かれた二段築成の前方後円墳です。全長90mで葺石、埴輪片が認められます。周溝がありますが、完周していません。四世紀末頃の築造と見られます。北西の後円部側に丘尾切断の痕跡があり、その外堤上に倍塚のワキ塚古墳群3基があります。

向こうが後円部、周溝は墓地となっている

ワキ塚2号墳(未指定)

 女良塚古墳

 近鉄美旗駅の北東1km、殿塚古墳の南の線路沿いにあります。全長100m、三段築成の帆立貝式古墳で、葺石、円筒埴輪が確認でき、墳頂からは家形埴輪が出土しています。周囲に幅12mの周溝が巡りますが、ほぼ完璧に残っています。五世紀前半の築造と思われます。

西側、向こうが後円部、周溝が良く残っている

東側

 毘沙門塚古墳

 女良塚古墳の西300m、全長65mの三段築成の前方後円墳で、両側のくびれ部に造出しが付きます。葺石、円筒埴輪が確認され、後円部には破壊された竪穴式石室の跡があります。周囲には幅6mの周濠が完周しており、ここも良好に残っています。五世紀中頃、女良塚に続く古墳と見られます。すぐ東に矢羽塚古墳の残骸があります。

後円部

前方部側と周濠

矢羽塚古墳(未指定)

 毘沙門塚古墳

 近鉄美旗駅のすぐ東にあります。全長142m、御墓山に次ぐ県内二位の大型前方後円墳です。後円部径92mに対して、前方部幅が100mあり、良く発達していますが、長さが短いので、帆立貝式に近い形態です。両側くびれ部には造出しがあり、周囲を幅12mの周溝が完周しています。この巨大さから見て、五世紀後半の伊賀全域を支配した首長墓と考えられています。東100mに一辺15mの方墳である小塚古墳があります。

後円部側

幅広で低い前方部

小塚古墳

 

 貴人塚古墳

 馬塚古墳南東500mの水田中にある全長55mの前方後円墳です。開墾で墳丘はかなり削られていますが、かつては浅い周溝が巡っていました。須恵質の埴輪が見つかっていて、六世紀初頭の築造と見られます。

 

 赤井塚古墳

 貴人塚古墳の南1.5km、国道165号線を越えて、上小波田集落の中の道を登っていった立派な民家のすぐ裏にあります。現状で径20mの円墳ですが、裾がかなり削られています。横穴式石室が開口しており、全長11.8m、玄室長5.7m、幅2.4m、高さ3.6m、羨道長6.2mの両袖式で、伊賀地方では最大の規模です。玄室が高く、奥壁と前壁の上部の石材が窮隆状に迫り出しています。六世紀後半の築造と思われます。

石室正面

羨道

玄室奥壁、窮隆状に石材を迫り出している

奥から玄門部

小谷古墳群

 名張市鴻之台、名張市役所西にある小山山麓に分布する8基からなる古墳群です。南側の道路建設で調査された1号墳の石室基底部が南西麓の公園から階段を登った中腹に移築されています。全長約6mの右片袖式です。

塚穴山古墳群

 名張市蔦生、クラウン工業西150mの道に張り出した尾根筋斜面の山林中に二基残っています。道路沿いの小さな小屋の右側から50mほど登ったところです。1号墳は天井石が露出、2号墳は基底部の石材が少し残っている程度で、ともに全長3mほどの小石室です。

1号墳

2号墳

塚原古墳群

 名張市緑が丘住宅の近く、道路工事に伴い、調査されました。弥生時代の集落上に築かれていますが、完存するものはなく、調査区域外の古墳に石室がわずかに残っています。

大屋戸古墳群

 名張市大屋戸の杉谷神社境内にあります。社殿すぐ裏に1号墳石室が開口。全長5.4m、幅1.05mの小型の石室ですが完存しています。すぐ隣に2号墳があり、石室が露出。天井部が開口し、玄室長2mです。3、4号墳がさらに斜面上方にあります。

1号墳

1号墳石室内部

2号墳

2号墳奥壁


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system