三重県名張市南部の古墳


琴平山古墳

 三重県指定史跡名張市赤目町檀字横山の丘陵上にある全長70m、三段築成の前方後円墳です。もともと、3基の埋没した横穴式石室を持っていましたが、2006年にくびれ部、後円部の石室の調査が行われました。後円部石室は全長9.5m、玄室長4.5m、幅2.4m、羨道長5m、幅1.2mの右片袖式で、玄室は左側壁が崩れて内部には入れません。側壁は熔結凝灰岩の板石を積み上げ、入り口は端石材で閉塞した前にさらに大きな一枚石で二重に閉塞しています。羨道部から衝角付冑、直刀、剣などの武具が見つかっています。くびれ部石室は全長6.5m、玄室長4.5m、幅2m、羨道長2m、幅1.1mの右片袖式で、石材が崩壊して、内部はほとんど埋まっていたため、内部の調査は実施されませんでした。前方部石室は、完全に埋没しています。出土した武具や須恵器から渡来系の軍事氏族の首長墓という性格がうかがえます。

前方部

後円部石室の開口部

後円部石室羨道、玄室は埋まっている

後円部石室羨道、奥より入口方向

くびれ部石室正面

くびれ部石室天井石

横山古墳群

 名張市赤目町星川、琴平山古墳周辺に広く分布する古墳群ですが、山林と薮のため、見学できる物は限られています。琴平山古墳南の道路沿いに一部墳丘を削られた1号墳があり、道路の反対側に石室が開口しています。小型の右片袖式石室ですが、完存しています。その西の果樹園内に、8号墳が石材1個のみ残っています。琴平山古墳東に続く尾根上には、小石室を持つ小円墳が並んでいます。

1号墳墳丘、道路に削られている

1号墳石室、完存

1号墳羨道

1号墳玄室

8号墳の石材

小石室、古墳名不詳

宮山古墳 【管理人推薦】

 名張市指定史跡。赤目町一ノ井の集落南の山に、ため池のある谷間があり、その東側の尾根上にあります。全長34mの双円墳ということですが、前方後円墳かも知れません。横穴式石室は南西側に二基開口しており、西石室は全長8.3m、玄室長4.4m、幅1.9m、高さ2.4m、羨道長3.9m、幅1.2mの両袖式で、羨道の天井が奥へいくほど下がっています。東石室は全長6m、玄室長4.9m、幅2.6m、高さ2.5m、羨道長1.1m、幅1.4mの両袖式ですが、羨道はもっと長かったかも知れません。西石室よりも大型の石材を使用しています。

西石室

西石室玄室奥壁

西石室玄門部

東石室

東石室玄室奥壁

東石室玄門部

桃山古墳

 宮山古墳から、ため池をはさんで西隣の尾根上の開けた植林の中にあります。墳丘と天井石を失っていますが、全長11.1m、玄室長4.8m、幅2.7m、高さ2.6m、羨道長6.3m、幅1.6m、高さ1.5mの両袖式です。名張では赤井塚に次ぐ大型の石室で、宮山古墳に匹敵する首長墓と思われます。

石室正面より、羨道部

玄室奥壁

玄門部

鹿高神社境内古墳 【管理人推薦】

 名張市指定史跡。宮山、桃山古墳とは宇陀川をはさんだ対岸にあり、鹿高神社の境内にあります。全長42mの前方後円墳で、後円部石室は全長10.2m、玄室長4.5m、幅2.3m、高さ2.5m、羨道長5.8m、幅1.5mの両袖式で、巨石を使用しています。前方部石室は全長7.65m、玄室長4.5m、幅1.8m、高さ2m、羨道長3.1m、幅1mの両袖式で、こちらは小型の石材を使用しています。宮山古墳でも二つの石室には優劣の差が感じられ、被葬者はともに名張盆地を納めた首長とその妻ということでしょうか?六世紀中頃の築造で、宮山古墳に先行すると思われます。

後円部石室

後円部石室奥壁

後円部石室玄門

前方部石室

前方部石室奥壁

前方部石室玄門部

墳丘、左が後円部

すぐそばにある円墳

滝谷古墳 【管理人推薦】

 名張市赤目町梶川、柏原橋のすぐ北から、梶川林道を東に200m進み、テニスコートの向かいに左手の山へ登っていく山道があります(草でわかりにくいので注意)。100mほど登っていくと、右側に墳丘があります。径12.5m、高さ4.75mの円墳で、右片袖式の横穴式石室が南に開口しています。全長8.9m、玄室長3.7m、幅2.2m、高さ2.5m、羨道幅1.75m、高さ1.77mの大型石室です。

石室開口部

羨道

玄室奥壁

玄門部

台ケ芝1号墳

 名張市赤目町、上記柏原橋のすぐ西に墓地へ登っていく道路があり、道が右に大きく曲がる箇所のすぐ上の山林内にあります。横穴式石室は全長5.8m、玄室長3.6m、幅2m、高さ1.8mの右片袖式でほぼ完存しています。

古墳の現状

石室開口部

玄室奥壁

玄門部

高善山古墳

 名張市赤目町相原、上記柏原橋の北500mの道路沿い右手に高い台地(貝増館跡)があります。この急斜面をよじ登ると上は平坦面になっており、その先の山林に入ってすぐ目の前に墳丘があります。径20mくらいの円墳で南側に全長7m、幅1.8mの横穴式石室が開口していますが、現在、内部はかなり埋まっていて、入るのは困難です。

古墳の現状

石室開口部

石室内部

番取山古墳

 名張市安部田、鹿高神社から国道165号線を南へ700m行き、近鉄と接近するあたりで北の小道に入ってすぐの民家裏の崖の上にあります。民家西側から細い登り道があります。径11.6mの円墳で、横穴式石室の玄室部分が祠として祭られています。復元すると、全長6.35m、玄室長2.35m、幅2.1mの規模です。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system