長野県長野市南部の古墳


竹原笹塚古墳 【管理人推薦】

 市史跡。長野市松代町東条531、東条小学校東1kmにあります。墳丘は径12mほどの積石塚の円墳で、合掌式石室が南に開口しています。玄室長4.2m、幅1.4m、高さ1.8m、羨道長2.7m、幅0.6mの規模で、玄室は、石で長方形に囲んだ基底部の上に、1.5×1〜1.7mの平石三枚ずつを屋根形に組み合わせています。羨道も平石一枚ずつの同様の構造です。合掌式石室としては、最大の石室で、保存状態も良好です。六世紀中頃の築造と見られます。

石室正面

露出した合掌式の天井

玄室奥壁、基底部と敷石がよくわかる

玄室奧から、一応無袖式?

桑根井空塚古墳 【管理人推薦】

 県史跡。長野市松代町豊栄、竹原笹塚古墳の南東1.5kmの市道沿いにあります。径17mの積石塚の円墳で、合掌式の横穴式石室が開口しています。全長6.1m、玄室長4.2m、幅1.45mの規模で、奥壁は二段積み、側壁は石材で基底部を造り、その上に屋根形に平石を組み合わせています。屋根が三角だと、内部が非常に狭いですね。

古墳の現状、墓地となっています

石室正面、石仏がとおせんぼしています

玄室奥壁

奧から外


大室古墳群北谷支群

 長野市松代町大室、国史跡として整備されている大室谷支群から一つ南側の谷間に分布する古墳群で総数208基からなります。特に見学しやすいのは、長野県農業大学校校内ですが、訪問時、吹雪に見舞われたため、無念の撤退。満足に探索する事ができませんでした。

430号墳、横穴式石室が露出

430号墳、石室内部

435号墳?

412号墳

吹雪の中、あとはもう・・・

何号墳かさっぱりわからず


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system