愛知県名古屋市北部の古墳


護国院石棺

 名古屋市北区楠味鋺の護国院境内にあります。本堂東の小さなお堂の中に石棺を背負った観音像が安置されています。石棺は下部が埋められていますが、地上に現れている部分で長さ170cm、幅84cm、高さ60cmのくり抜き式の凝灰岩製です。

 

小幡茶臼山古墳

 名古屋市守山区小幡、名鉄喜多山駅の北500m、東名阪自動車道のすぐ北の自衛隊官舎東側にあります。丘陵の尾根先端を整形して築かれた全長63m、後円部径40mの前方後円墳で、造出し、周濠を持ちます。しかし、現状は西側が道路で大きく削られ、墳丘の断面を観察できてしまう状態です。六世紀中頃の築造で主体部は横穴式石室ですが、調査時にはほとんど石材が残って居ませんでした。

 

小幡長塚古墳

 名古屋市守山区小幡四丁目、小幡茶臼山古墳から東名阪自動車道をはさんで南西250mの住宅街の中にあります。こちらは良好に保存された全長81m、後円部径38mの前方後円墳で、造出し、周濠の痕跡が認められます。主体部は不明ですが、採取された円筒埴輪片から五世紀中頃の築造とみられ、茶臼山古墳に先行する首長墓です。

 

上島古墳群

 名古屋市守山区吉根上島の神明神社周辺に分布する群集墳ですが、現存3基です。すぐわかるのは、神明神社境内に保存されている径15mほどの1基です。

 

松ヶ洞古墳群

 名古屋市守山区吉根松洞の小幡緑地内にある19基からなる群集墳です。駐車場の北200mの道路左側の雑木林の中にいくつか墳丘が見られますが、見学路もなく、まったく整備されていないので、見学は困難です。

 

川東山9号墳

 名古屋市守山区松坂町169の松坂公園内に保存されています。径15mの円墳で、内容は不明です。現在は、ちょびさんがとても喜びそうな状況になっています。

  

小幡南島古墳

 名古屋市守山区小幡中一丁目、名鉄小幡駅の北西400mにあり、墳丘上に小幡白山神社が建っています。径33mの円墳で、発掘調査で周濠の痕跡が見つかっています。

 

守山瓢箪山古墳

 名古屋市指定史跡。名古屋市守山区西島町の守山小学校西となりにあります。小幡南島古墳の西500mです。全長63m、後円部径36mの二段築成の前方後円墳で、周濠が発掘調査で確認されています。出土した埴輪片や墳丘の形から五世紀末〜六世紀初頭の築造と見られます。

 

守山白山古墳

 名古屋市守山区市場の白山神社境内にあります。守山台地の西先端に築かれた全長95m、後円部径50mの前方後円墳で、前方部が細長い形状をしています。墳丘上は削平されて白山神社が建てられていますが、周囲の傾斜面はわりと良く残っていて、造出しの痕跡も見られます。白鳥塚古墳とほぼ同時期の四世紀後半の大型前方後円墳で尾張でも有数の豪族の首長墓です。

 

   東側くびれ部付近


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system