愛知県名古屋市南部の古墳


八高古墳

 名古屋市瑞穂区瑞穂町、名古屋市立大学の東門を入ったすぐ前にあります。旧制第八高等学校内にあったため、この名前がつけられました。全長50mの前方後円墳ですが、前方部は学生食堂のために削られています。北80mのところに2号墳(円墳)があり、こちらには旧制八高生の銅像が建てられています。

瑞穂古墳群

 名古屋市瑞穂区の瑞穂運動公園の南西端に2号墳が、西となりの豊岡小学校内に1号墳が残っています。2号墳は径30mの円墳です。

  

下山古墳

 名古屋市瑞穂区下山町の下山公園内に保存されています。現状で径15mの円墳ですが、詳細は不明です。

 

鳥栖神明社古墳

 名古屋市南区鳥栖一丁目、地下鉄桜本町駅の東200mにあり、墳丘上に鳥栖神明社が建っています。径30mほどの円墳と思われます。

 

鳥栖八剣社古墳

 名古屋市南区鳥栖二丁目、鳥栖神明社古墳の東300mにあり、ここも墳丘上に鳥栖八剣社が建っています。径45mの円墳と見られます。

 

大塚古墳

 名古屋市緑区鳴海町赤塚の新海池西側の住宅地の中に近接して2基の古墳が残されています。北側の大塚古墳は径20mの円墳で、主体部は天井部を失った横穴式石室です。現在は石室は埋め戻されています。

赤塚古墳

 名古屋市緑区鳴海町赤塚、大塚古墳のすぐ南の道路沿いにあります。墳丘はまったく失われ、横穴式石室の基底部のみが露出しています。玄室は長さ4mほどの胴張り状です。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system