首長墓クラスの大型方墳


■京都府亀岡市千歳町「中古墳群(出雲遺跡)」

 2015年2月22日 現地説明会/京都府埋蔵文化財調査研究センター

 中古墳群は、過去に圃場整備で新たに発見された古墳群です。府道建設に伴い隣接地を調査した結果、4基の古墳の東側端辺を検出しました。中でも1号墳は一辺28mの大型方墳で、周溝と葺石の基底部が良好に残っていました。出土した須恵器や埴輪片から五世紀中頃の築造と思われます。また、3号墳は、南北2基の方墳と判明。それぞれ、3号墳北墳、南墳と命名されました。

1号墳の東辺の葺石

2号墳

3号墳南墳(手前)と北墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system