茨城県那珂市・常陸太田市・日立市の古墳


白河内古墳群

 2号墳が市史跡。那珂市大字門部字白河内の集落内に点在する古墳群です。1号墳は、集落内の道路沿いにある全長30mの前方後円墳です。すぐそばの民家(阿部さん)の裏庭にある2号墳は径15mほどの円墳で、唯一横穴式石室が開口しています。凝灰岩の切石で築かれた単室構造の石室ですが、前側はかなり破壊されていて、玄室側壁も内側に倒れてきています。奥壁のみが旧状を留めていますが、この奥壁石材に樹木二本とその下に水鳥を表現した線刻壁画が描かれています。危険なため石室内には入れず、開口部から奥壁を撮影しましたが、ほとんどわかりませんでした。残念。

 

1号墳

2号墳石室

2号墳奥室、側壁が倒壊寸前

奥壁のアップ、中央やや左下に水鳥がいるはずだが・・


箕古墳 【管理人推薦】

 常陸太田市(旧金砂郷町)箕、旧金砂郷町役場前の交差点を西へ曲がり、浅川を渡って郵便局の西200mの畑の中にあります。一辺10mほどの方墳で、整美な横穴式石室が開口しています。羨道の天井石が落下していますが、それ以外は良く保存されています。玄室は巨石の表面を平らに加工し、側壁に線刻壁画が描かれているそうですが、落書きがひどく、まったく確認できません。2002年の装飾古墳研究集会資料集では、装飾古墳リストからは、はずされています。

石室正面、羨道の天井石が落下

玄室、表面を平らに加工

左側壁、落書きが多く、線刻壁画はさっぱりわからない

幡バッケ横穴墓群

 市史跡。常陸太田市幡町バッケ下、市営幡町住宅の南500mにあります。101基からなり、一部の横穴は後世に仏像が彫られ、信仰の対象となっています。横穴の構造は、玄室、羨道、前庭からなり、玄室は奥が広くなる羽子板形の四角い平面形をしていて、切石造りの横穴式石室を思わせます。6、11号墓には線刻壁画が描かれていて、毎年10月には一般公開されています。

 6号墓/玄室奥壁・左右側壁・天井部/連続三角紋・鳥・龍・三重塔・兎・舟

 11号墓/玄室奥壁・左側壁/人物・鳥・家・鳥居

 


十王前(かんぶり穴)横穴墓群

 市史跡。日立市川尻町十王前。日立市の北端、日立電線工場裏側の欄干のない橋を渡り、左の林の中を進んだ奥にあります。開口しているのは1号墓だけですが、幡バッケ横穴群とほぼ同じ構造で、直線的な玄室です。2、11、14号墓に線刻彩色の壁画が描かれていますが、現在は埋められています。

 2号墓/玄室奥壁・左右側壁に赤・黒の線刻彩色/三角紋・菱形紋・連続三角紋・盾・大刀・横線

 11号墓/玄室奥壁に赤・黒・白の線刻彩色、左右側壁に赤の彩色/連続三角紋・靭・横線・小円紋

 14号墓/玄室右側壁に赤の線刻彩色/三角紋・菱形紋

  


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system