岐阜県中津川市の古墳


山の神古墳 【市史跡】

 中津川市山口、国道19号線のヤマザキデイリーストア先の信号交差点を西へ曲がり、道なりに300m進むと標識があります。木曽川の段丘上に築かれた径15m、高さ3mの円墳で、葺石が見られます。主体部は不明で、説明板の築造時期が七世紀初期から中期となっていますが、範囲広すぎデス。昭和32年の調査で須恵器が出たはずですが・・・。

  


氷坂古墳群

 中津川市坂下、元5基存在しましたが、現在は井上神明神社境内に2基の古墳が残されています。2号墳は神社の社殿が建っている高まりで、見るからにかなり改変されています。未調査のため詳細は不明です。3号墳は、神社入口脇にあります。径8.5mの円墳で、横穴式石室が露出しています。天井石を半分失っていますが、側壁はほぼ完存。全長6mくらい、幅1.5mの無袖式で、鏡石を備えています。

2号墳

3号墳石室正面

3号墳玄室奥壁

3号墳石室奧から


椛の湖2号墳

 中津川市上野、人工湖である椛の湖の中に取り残されていて、ボートがないと近づけません。径10.8mの円墳で、横穴式石室が開口。全長7m、幅1.5m、高さ1.8mの大きさで、被葬者は女性だそうです。他の古墳は湖の築堤のため削平されました。

鳥居のはるか向う

アップ画像、祠のそばに石室がある・・・はず


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system