山形県南陽市


蒲生田山古墳群 

 南陽市上野、ハイジアパークの周辺にあります。元、4基存在しましたが、現存2基です。ハイジアパークの敷地内、駐車場の奧の斜面にある1号墳【市史跡】は径8mの円墳で、横穴式石室が開口しています。全長5mほどで、奥壁は上下二段積み、八世紀の終末期の築造です。

1号墳

石室正面

玄室奥壁

石室奧から

 ハイジアパークの手前にあり、墳丘上に山の神神社があります。全長30mの前方後円墳ですが、前方後方墳との説もあります。墳丘は原型を留めて居ません。消滅した3、4号墳はともに前方後方墳でした。

墳丘

墳丘上


二色根古墳群 【県史跡】

 

 南陽市二色根、山形新幹線の北側にある薬師寺から、線路沿いに西へ道なりに進んだ突き当たりの尾根先端上にあります。線路沿いの道は狭くて、線路に異常に近く、山形新幹線がそばを通過するとかなり恐いです。古墳群は3基が現存、線路沿いに説明板がありますが、分布図の部分が破壊されています。1号墳は径5mの円墳で、小型の横穴式石室が露出しています。長さ2m、幅1.05m、切石風の石材を使用しています。八世紀前半の築造です。

1号墳石室正面

石室内部

奥壁

 2号墳は径10mの円墳で、横穴式石室が露出。長さ2.4m、幅1.3m、奥壁は上下二段。側壁には持ち送りがあり、1号墳よりは古そうです。

2号墳石室正面

石室内部

奥壁

 3号墳は径10mの円墳で、横穴式石室が露出。長さ2.4m、幅1.3m、2号墳とほぼ同じですが、奥壁は下段の石材のみ残っています。

3号墳石室正面

石室内部

奥壁


稲荷森古墳 【国史跡】

 

 南陽市長岡字稲荷森1175、赤湯小学校の南にあり、現在史跡公園として整備されています。全長96m、後円部径62m、前方部幅30mの前方後円墳で、県内では最大です。三段築成で前方部が後円部に対して低く短い形態をしています。一段目は地山、二、三段目は版築で築かれています。主体部は木棺直葬、四世紀後半頃の築造です。

前方部から後円部

後円部から前方部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system