中型前方後円墳の築造時期が百年遡る


奈良県大和郡山市新木町・郡山新木山古墳(郡山陵墓参考地)

 2011年11月11日 現場公開/宮内庁

 郡山新木山古墳は全長122.5mの前方後円墳で、周囲に周濠が巡っています。墳形などから、これまで六世紀の築造とされてきました。今年度、周囲に柵を設けるための工事に先立ち、墳丘の裾に12ヶ所の試掘溝を設定し、発掘調査が行われました。その結果、多数の円筒埴輪片が出土し、編年から五世紀前半に築造が遡ることが分かりました。また、近くの郡山城築城により、墳丘は大きく改変され、葺石もほとんど持ち去られていました。

 

すぐ道路脇で陵墓参考地を掘っています。

 

試掘溝が目の前に

土層もよくわかります

何やらやっています


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system