石川県能登地方の古墳(七尾市・中能登町・宝達志水町)


須曽蝦夷穴古墳 【管理人特選】

 国史跡。七尾市能登島須曽町の七尾湾を望む能登島の丘陵上にあります。東西18.7m、南北17.1mの七世紀中頃の方墳で、海に向かって安山岩の板石で築かれた2基の横穴式石室が開口しています。東石室(雄穴)は平面形が丁字をしていて、玄室は隅三角持ち送り技法でドーム状に構築されています。床面に羨道の途中まで敷石が敷かれていました。西石室(雌穴)は平面形がL字をしていて、玄室はやはりドーム状で、L字の袖側には棺台が設けられています。現在、古墳公園として整備公開されており、資料館も併設されています。

墳丘正面

東石室、前庭部がややハの字に広がる

東石室羨道

東石室玄室、上部はドーム状に持ち送る

西石室

西石室羨道、海が見えます

西石室玄室、床に仕切り石あり

西石室L字の袖部、左下に棺台がある

院内勅使塚古墳 【管理人推薦】

 県史跡。七尾市下町のJR徳田駅そばにあります。きれいに整備された1辺23mの二段築成の方墳で、周壕が巡っていました。横穴式石室は県内最大の規模で全長11.8m、玄室長4.6m、幅2.5m、高さ2mの両袖式で天井には巨石を使用しています。

石坂鍋山古墳群

 宝達志水町(旧志雄町)散田にあり、現在、志呼・桜の里古墳公園として整備公開されています。六世紀後半の6基の古墳からなり、見学後は、古墳の湯でひとっ風呂浴びることができます。

←古墳群分布図

 

散田金谷古墳

 国史跡。宝達志水町(旧志雄町)散田、上記の志呼・桜の里古墳公園のすぐそばにあります。長径21mの円墳で、幅3m、深さ0.5mの馬蹄形の周溝が巡っています。横穴式石室が開口し、全長9.85m、玄室長5.72m、幅2.65m、高さ2.76m、玄門部幅0.88m、高さ1.7mの石室内には石川県内唯一の家形石棺があります。外寸で2.3m×1.1m×1.27mの大きさで、寄棟の屋根に千木が表現された特殊なデザインをしています。かつては天井石が露出し、石棺も墳丘上に搬出されていましたが、現在は元の姿に復元されています。

雨の宮古墳群

 国史跡。中能登町能登部上・西馬場の眉丈山尾根筋に築かれた古墳群で、前方後方墳(1号墳)、前方後円墳(2号墳)を中心に36基が点在しています。現在ふるさと歴史の広場公園として、整備公開されています。山の登り口がわかりにくいので要改善。

 

2号墳(前方後円墳)、右奥に5、6、7号墳

奥が1号墳、全長64mの前方後方墳で葺石を復元

1号墳の墳頂、主体部は長さ6mの割竹形木棺

1号墳のわきにある17号墳、石棺を展示


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system