静岡県沼津市の古墳


東原5号墳

 沼津市宝珠院境内にあります。現在の本堂建設で発見され、本来は径18mの円墳ですが、これは墳丘、石室ともに2分の1のサイズで他の場所に復元したものです。横穴式石室は全長6.6m、幅1m、高さ1.2mの規模で床に小礫が敷かれていました。しかし、なんと言っても2分の1なので、内部はものすごーく、狭苦しいです。

井出丸山古墳

 沼津市井出、県道沿いの自治会館の北500m、東名高速の北に沿って走る道路に標識があり、そこから南へ林の中を進むと、東名高速の下をくぐってすぐのところにあります。愛鷹山の中腹の尾根先端に存在する径15mの円墳です。横穴式石室が南に開口、全長6m、幅1m、高さ1mの無袖式で、床には礫が敷かれています。

山ノ神古墳群

 愛鷹山の山麓、沼津市西椎路の山神社の境内にあり、東西2基の円墳が並んでいます。墳丘の保存状態は良好ですが、未調査のため、内容はまったく不明です。

1号墳

2号墳

長塚古墳

 愛鷹山の山麓、沼津市駿河台にある全長54mの前方後円墳で、原形を良く留めています。幅10mの周溝と、円筒埴輪列が確認されています。主体部は盗掘により、ほとんど残っていませんでした。

墳丘、南側より

後円部より前方部

馬見塚古墳

 愛鷹山の麓、沼津市西沢田の東名高速愛鷹PAの南東1kmの杉林の中にありますが、標示などが一切無いので、場所はわかりにくいです。保存状態の良い円墳ですが、説明板がないので、内容はほとんどわかりません。南側に石室の一部と見られる石材が露出しています。

 

子ノ神古墳

 市指定史跡、愛鷹山の麓、沼津市西沢田の集落奥にあり、子ノ神神社が祭られています。全長48mの前方後円墳ですが、前方部を社殿で削られており、後円部にも盗掘穴があります。未調査のため、内容は不明です。

 

四ツ塚古墳群

 愛鷹山の山腹、沼津市宮本の富士通沼津工場の敷地内にありますが、見学は自由にできます。横穴式石室を主体部とする4基の円墳がまとまって残されています。かつては、開墾により、石室が露出していましたが、工場建設時に保存が決まり、現在は未調査のまま、保護のため盛り土されています。

 

清水柳北1号墳

 愛鷹山の山腹、沼津市足高尾上の沼津工業団地内の遺跡公園に移築保存されています。昭和61年、団地造成の事前に発掘調査が行われ、周囲を方形の溝に囲まれた、一辺12m、高さ1mの方形下段の上に、直径9mの円形の上段が乗った上円下方墳と判明しました。八世紀初めの奈良時代のものと推定され、凝灰岩製の石櫃が埋葬されていたことから、被葬者は火葬されたと考えられていますが、蔵骨器はありませんでした。

上円下方に復元された墳丘

墳頂に置かれた石櫃の復元品

神明塚古墳

 沼津市指定史跡。沼津市松永のJR線路南側にあり、神明宮が祭られています。全長54m、駿河湾沿いの砂丘上に築かれた五世紀後半の前方後円墳で、周溝が巡っています。

 

天神洞古墳

 昭和44年に区画整理事業で調査され、沼津市中瀬町の児童公園内に移築保存されています。径12mの円墳で、横穴式石室は全長4m、幅1m、高さ1.2mの小型のもので、天井石は復元です。

霊山寺横穴

 沼津市本郷町の霊山寺裏にある墓地の崖に数基の横穴が見えています。現状ではほとんど埋まっており、標識、説明板すらありません。

墓石の裏にいくつか開口

しかし、ほとんど埋もれている

内部にはまったく入れそうにない

コンクリートで塞がれた1基

妙連寺石棺

 沼津市下香貫にある妙連寺の墓地にあります。地元産の凝灰岩で造られたくり抜き式石棺で、付近の古墳から出土したものと言われています。底と側面をU時にくり抜き、小口は別の板をはめるようになっています。蓋石はやや家形に近く、身がはまるように溝が加工されています。

 

塩満寺石棺

 沼津市下香貫、上記の妙連寺のすぐ南東にある塩満寺の本堂前にあります。石棺の蓋石のみが置かれています。

 

江浦横穴群

 静岡県指定史跡。沼津市江浦の漁港を望む丘陵斜面に約100基の横穴が集中しています。ほとんどが凝灰岩の崖面を約2mほど彫り込んで羨道と玄室を表現したシンプルな構造をしています。

丸塚古墳群

 沼津市旧戸田村井田、駿河湾に突き出た伊豆半島北西端にある井田集落から県道を北へ登っていった山の中腹尾根筋にあります。県道沿いに標識がでています。4基の円墳からなり、1号墳は過去に調査され、長頚壷、横瓶、勾玉、切子玉、臼玉、管玉が出土しています。2、3号墳は横穴式石室の石材が露出しています。

古墳群の所在地(矢印の位置、遠方に富士山)

1号墳

2号墳

3号墳

井田松江古墳群

 静岡県指定史跡。沼津市井田松江、井田集落から県道を南に少し登ったところにあり、県道沿いにある煌めきの丘公園から見学コースが整備されています。現状で23基の古墳が見つかっていて、うち17基が保存されています。ほとんどが横穴式石室をもつ円墳で、18号墳のみ石室が公開されています。径11mの円墳で熔岩の割石を積み上げた全長8.2m、最大幅1.9m、高さ2mの胴張り状石室で袖はなく、入り口に向かって床が低くなっています。板石の組合せ式石棺が2基、納められていました。銀象眼の円頭大刀柄頭が出土しています。

駿河湾を望む尾根筋に立地

手前が19号墳、奥の屋根が18号墳石室の覆屋

18号墳横穴式石室

18号墳玄室、石棺2基

18号墳奥から外

23号墳


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system