長野県岡谷市の古墳


唐櫃石(かろうといし)古墳 【管理人推薦】

 市史跡。諏訪湖北岸の狭い地域の南斜面に終末期の横穴式石室墳が集中し、いずれも開口していて見学できます。唐櫃石古墳は岡谷市長地出早の上の原小学校東100mの送電塔下にあります。南向き斜面に築かれた径15mほどの円墳で墳丘正面には石積みが残っています。横穴式石室は全長5.7m、幅1.7mの無袖式で石室内はベンガラで赤く彩色されています。七世紀末の築造と見られます。最近、石室内のヒカリゴケを保護するため、石室内は立入禁止になりました。

姥懐(うばがふところ)古墳 【管理人推薦】

 市史跡。岡谷市長地出早、唐櫃石古墳のある尾根をぐるりと東に回り、山火事注意の看板のあるところから50mほど斜面を登ったところにあります。やはり、正面に石積みのある七世紀末の築造ですが、唐櫃石古墳とは石材の積み方がかなり違っています。全長7.1m、幅1.7m、高さ1.9mの両袖式で、奥壁は中央に鏡石を据え、上部はドーム状に持ち送っています。市内最大の石室です。

コウモリ塚古墳 【管理人推薦】

 市史跡、姥懐古墳の東1km、長地鎮の鎮神社横の道を登っていき、墓地の奥の斜面を登ったところにあります(標識あり)。七世紀の築造、石室は全長7.6m、幅2.25m、高さ2mの両袖式で奥が広い羽子板形をしています。


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system