岡山市北部の古墳


龍王塚古墳

 岡山市杉谷、岡山空港の滑走路真西上の丘の上にある誘導施設建設で調査され、すぐ北側の公園に移築保存されています。径17mの円墳で、内部には大型の横穴式石室が残っていました。全長10m、玄室長4.5m、幅1.6m、高さ1.8m、羨道長5.5m、幅1.1m、高さ1.5mの両袖式で、出土品の中に釣り針や鉄滓があり、六世紀後半の製鉄に携わった集団の墓と見られます。

医王谷古墳

 岡山市日近、龍王塚古墳の西1.5km、老人ホーム憩いの家の南側の職員駐車場奥の崖面に埋もれていました。2005年の発掘調査で、見つかった周濠の一部から径13mの円墳と思われ、大型の横穴式石室が検出されています。石室は全長8m以上、玄室幅1.8m、高さ2.1mの無袖式で、奥壁、天井石には巨石を使用しています。袖部に袖石のようなものが立てられていますが、これは後世のもののようです。出土した須恵器から六世紀後半の築造で、七世紀初めまで追葬が行われたようです。古墳周辺から製鉄炉の炉壁や鉄滓が出土しており、製鉄に関連した集団の首長墓と見られます。

粟井古墳群

 岡山市粟井、国道429号線から、浮田温泉に向かう県道を西へ曲がると、やがて水田の中に1号墳の石室が見えてきます。

 1号墳

 道路脇の水田中に開口、墳丘をかなり失っていますが、大型の石室はほぼ完存。径20mの円墳で石室全長12m、玄室長5.5m、幅2m、羨道幅1.6mの右片袖式です。谷間の入り口に築かれた最大の盟主墳です。

 ■2号墳

 1号墳のすぐ上の雑木林の中にある径20mの円墳です。こちらも大型石室がほぼ完存。全長10m、玄室長4.4m、幅2.4m、羨道幅1.5mの両袖式です。

 ■粟井大塚古墳(仮称3号墳)

 1号墳から道路を200mほど進んだ道路脇に開口しており、ここだけ表示板があります。径20mほどの円墳でやはり石室が完存。1、2号墳にくらべると小型ですが、それでも全長8mはあります。奥壁の前に石棺の板石が散乱しています。

雪の粟井大塚

黄葉の粟井大塚

玄室

玄門部

玄室に石棺材が残っている

 ■粟井4号墳(仮称)

 粟井大塚の西100mの道路向いの民家前にありますが、石室が埋没しています。

 

 ■粟井5号墳(仮称)

 4号墳の西100mの道路下にあります。長さ3mくらいの小型の石室です。

大崎古墳群

 大崎、大崎集落の最奥にため池が二つあり、その間の堤を渡ると、山頂に向かう道が二つに分かれています。どちらの道にも古墳が道沿いに点在しています。

 ■1、2号墳

 左の遍路道を進むと、尾根を登る途中にそれぞれ石室が開口しています。

 ■3号墳

 2号墳から道を登り詰めると、尾根上の最高所に突然現れる径20mの大型円墳で、石室が大師茶堂として利用されています。石室全長11m、玄室長5.1m、幅2.3m、羨道長5.9m、幅2mの巨石墳です。

 ■その他の古墳

 右の行者道を進むと、道沿いに石仏が安置された石室が連続して開口しています。中規模の石室が4基ほどあるほか、小石室はマウンドの無い物もあってどこまで古墳なのか不明です。

行者道では最大の石室、通路になっています。

誂えたような石室?

かなり埋没している石室もある

最も上にある完存する石室

右上の石室の内部

道祖神?にきっちりサイズの小石室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system