岡山県岡山市操山西地区の古墳


 岡山市街地の東、旭川と百間川に挟まれた操山一帯は、岡山市内でも最大の古墳密集地帯で、しかも前期の大型前方後円墳から、後期の横穴式石室墳までバラエティに富んでいます。

操山西地区

 


 ■奥ノ塚古墳

 操山北麓の谷間にある里山センターの裏にあります。径12mくらいの円墳で、横穴式石室が開口しています。全長約7mの無袖式で、幅、高さとも1.7mくらいです。奥壁と天井には巨石を使っています。


 ■沢田裏山古墳

 操山尾根筋にあり、ハイキングコース沿いに石室が開口しています。径10mほどの円墳で、石室はかなり埋まっています。


 ■八畳岩古墳(操山19号墳)

 操山尾根筋にあり、石室が完全に露出しています。径15mの円墳で、石室全長9m、玄室長5.5m、幅1.6m、高さ1.6mの左片袖式?で羨道部は埋まっています。

奥壁側

側面より

奥壁

奥から、羨道は埋まっている


 ■旗振台古墳

 操山尾根筋南西端にある一辺27m、高さ4mの方墳です。主体部は竪穴式石室1、粘土槨2で、葺石、埴輪が認められます。五世紀前半の築造です。


 ■萩の塚古墳(操山9号墳)

 操山尾根上の西端にある径10mの円墳で、石室が開口しています。全長8.2m、幅1.9m、高さ1.9mのやや大型の石室で、内部が広いためか、内部は物置と化しており、天井石には火の用心の文字が・・。


 ■笠井支群

 三十数基からなる支群です。


 ■石棺群

 操山尾根上のハイキングコースに沿って、組合せ式石棺がたくさん露出しています。左は操山13号墳。


 ■二又古墳(操山24号墳)

 岡山市円山、操山尾根筋から南に少し下ったところに7基からなる二又古墳群があり、主墳の二又古墳は石室が文字通り内部で二又に分かれた特異な構造をしています。径10mの円墳で、主石室は長さ5m、幅1.2m、高さ1.7m、副石室は長さ4.5m、幅1.2m、高さ1.3mの規模で、6世紀後半頃の築造と見られます。

二又古墳

右が主石室、左が副石室

他の古墳1

他の古墳2


 ■操山107号墳

 岡山市中区門田本町四丁目の東山浄苑の奧のほうにあります。南向きに横穴式石室が開口していて、以前は休憩所だったようですが、今はソファごと物置になっています。全長8.2m、幅1.6m、高さ1.7m(古墳奮闘より)の無袖式で、大きな石材をしっかり積みあげていて、鏡石も巨大です。

石室正面

玄室、物置化

玄室奥壁

奧から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system