岡山市西部の古墳


造山古墳 【管理人特選】【国史跡】

 岡山市北区新庄下の北へ延びる低い丘陵を丘尾切断して築かれた、墳丘全長350m、後円部径200m、高さ24m、前方部幅215mの前方後円墳で、県内最大、全国でも4位の大前方後円墳です。墳丘は三段築成でクビレ部両側に造り出しがあり、斜面には葺石、テラスには円筒埴輪が巡っていたほか、墳頂部には形象埴輪もあったようです。前方部の神社境内に舟形石棺の身と蓋の一部が置かれていて、阿蘇熔結凝灰岩製で、身には石枕が作り付けられています。蓋石には裏側に朱が鮮やかに残り、表面には線刻が見られます。これらの石棺材は、本来のものかどうか確証がなく、埋葬施設は一切不明です。

 

前方部から後円部

くり抜き式石棺の身

蓋石表面の線刻

蓋石裏面の朱


造山古墳群

 榊山古墳(第一号墳)【国史跡】

 造山古墳の前方部側に6基の古墳が群集していますが、時期的に新しいものもあり、すべてが陪塚かどうかはわかりません。造山古墳の前方部と掘割を隔てて隣接する径35m、二段築成の円墳で、1912年に盗掘され、割竹形木棺が見つかっています。中期後半の築造です。

  造山古墳から見た榊山古墳

 第二号墳 【国史跡】

 一辺40mの方墳で、周濠が存在します。外堤には埴輪列を伴います。五世紀後半の築造です。

 

 第三号墳 【国史跡】

 径30mの円墳です。

 

 第四号墳 【国史跡】

 径35mの円墳、または前方後円墳です。墳丘裾から埴輪が出土しています。

 

 千足古墳(第五号墳) 【国史跡】

 千足古墳は墳長74m、後円部径54mの帆立貝式古墳で、後円部中央に県下では最古の横穴式石室があります。玄室長3.45m、幅2.5m、高さ2.7mの規模で板石を小口積みして持ち送り、下部には石障が巡り、玄室奥を切石で区画して棺床を作り付けています。その前面の壁には上面に鍵手紋、前面に直弧紋が浮彫されています。現在石室天井部が開口していますが、内部には水が充満していて、全く見ることができません。地下水が溜まったとも、保護のためにわざと水没させているとも言われますが、真相は不明です。ただし、装飾の複製が吉備郷土館にあり、見学できます。石室の形態から、九州との関係が強く感じられます。

墳頂に石室前壁部が開口

石室開口部

 2009年に、岡山大学の研究チームによるデジタル三次元計測が行われるため、22年ぶりに水が抜かれ、石室が公開されました。水抜き時には床面にかなりヘドロが堆積していたらしく、そのためか、直弧紋の下側が剥落・変色していて、大変痛々しい状態となっています。今後は文化庁と修復・保存方法を協議していくことになるそうです。もう水没させる訳にはいきませんね。

 

玄室内部

石障、手前の板石に装飾がある

22年前の直弧紋

今回確認された直弧紋、下側の劣化がひどい

金網が取り払われた状態

22年前の玄門部画像

 2011年に装飾石材保存事業に伴い、石室の調査が行われ、その結果石室前の盗掘坑の下層から墓道が検出できました。墳丘上から石室入口へ急斜面で下っていく構造で、いわゆる北九州に多い竪穴系横口式石室の形態を示しています。しかし玄室は熊本に多い石障系横穴式石室であり、両者の特徴を合わせ持つ構造が明らかになりました。また、築造時期も従来考えられてきた五世紀後半から五世紀前半まで遡る可能性がでてきたため、周辺の造山古墳群とあまり変わらなくなってきました。装飾石材は、その後取り出され、保存処理中です。

石室正面側、断面の上側が盗掘跡、その下に墓道

玄室の天井石、讃岐産

羨道付近、左側が墓道

奧が閉塞石

 2013年に、運び出された装飾石材が岡山市埋蔵文化財センターで公開されました。装飾は石室水没による下部分の剥落が激しく、一部には、搬出前よりもさらに剥落が進行しています。残念ながら、上面の鍵手紋は死角で見られませんでしたが、隠れていた左側面には石材設置時の目印となる赤色顔料が付着していました。底面には石材加工の痕跡が明瞭に残っています。

左端のB型直弧紋、搬出前より剥落が進行

搬出前の紋様の状態

帯状忍岡系紋、搬出前より剥落が進行

左のA型直弧紋、剥落が激しい

右のA型直弧紋

隠れていた側面には赤色顔料が残っていた

底面の石材加工の痕跡

 2013年度の保存事業に伴う調査で、第二石室が発見されました。墳丘の中軸線に対して、第一石室と対称の位置にあり、上半部は失われていましたが、側壁が良好に残っていました。玄室は2.6×2mの規模で側壁は持ち送りがあり、奥壁のコーナーは丸みを帯びています。石材は地元産の花崗岩がほとんどで、赤く塗られた安山岩が一部ありました。おそらく九州から運んできた石材が不足していたのだと思われます。また、第一石室と近いため、両袖式にするのは困難であったらしく、左片袖式であったと推定されます。このあたりは須曽蝦夷穴古墳との類似を感じます。石室内には墳丘上に並べられていたと思われる埴輪の破片が落ち込んでいました。

石室正面側

玄室部分、左側から

奧側から

 また、前方部の東隅で周溝状遺構を検出しました。ここから家形埴輪、靫形埴輪などが出土しています。特に靫形埴輪には直弧紋が刻まれています。第二石室の埋土からは家形埴輪、蓋形埴輪が見つかりました。

前方部東隅の周溝状遺構

靫形埴輪の破片の直弧紋

靫形埴輪の破片の直弧紋

靫形埴輪の破片の直弧紋

 第六号墳 【国史跡】

 径30mの円墳ですが、群の中では影が薄いです。

 


新池大塚古墳 【管理人推薦】

 岡山市北区大字新庄上字新池、造山古墳の西、新池集落背後の竹林の中にあり、廃屋のすぐ裏に横穴式石室が開口しています。正確な場所は「古墳奮闘」を参照してください。墳丘は背面をカットした、おそらくは径20m以上の円墳で、南南東に巨大な石室が開口。羨道の先端部は崩壊して、一部石材がすぐ前の廃屋に落下しています。推定全長約10m、羨道はやや埋まって狭いですが、玄室は完存、長さ5.1m、幅2.3m、高さ2.3mの両袖式で、奥壁は巨大な1枚石。持ち送りがないので、ほぼ正方形です。奥壁周辺に予算を使いすぎたのか、他の石材は加工が少し雑で、三枚の天井石も面が揃っていません。袖石がリンゴを包丁で4つに切ったように加工されているのが印象的です。しかし、見事な巨石墳です。

石室開口部

羨道、玄門で天井が一段下がる

玄室奥壁、みごとな1枚石

奧から玄門部


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system