愛知県岡崎市東部の古墳


経ケ峰古墳群

 岡崎市丸山町経ヶ峰6-1、県道岡崎設楽線と東名高速が交差するすぐ西側の高徳寺裏山に分布する古墳群で、山頂に1号墳、中腹に2、3号墳があります。山頂に位置する1号墳は、五世紀中葉、全長35mの前方後円墳で主体部は全長3.8m、幅1.3mの竪穴系横口式石室。初期横穴式石室導入の重要資料だそうですが、保存されている石室は小型の石材を積み上げているだけで、何やらよくわかりません。南に少し下ると2号墳の横穴式石室が露出しています。鏡石と側壁材が残っている程度です。

1号墳

1号墳石室

2号墳

2号墳鏡石

 1号墳から東へ下っていくと、50mほどで3号墳があります。2号墳とほぼ同じ状況で、鏡石と側壁材、袖石が残っている程度です。

3号墳石室正面から

3号墳石室横から

神明宮1号墳

 上記交差点東側の神明宮境内奥にあります。六世紀後半の円墳で径19m、高さ2.7m。主体部は西三河最大、全長11.6m、後室長5.5m、最大幅2.4m、高さ3m、前室長4m、最大幅1.7m、高さ2.4m、羨道幅1.4m、前庭長1.8mの複室構造の横穴式石室です。前室の途中から前の天井石は失われています。奥壁は高さ2.9mの巨石でベンガラで彩色されています。副葬品から七世紀初頭まで追葬が行われていました。現状は石室入り口に柵が設けられて、内部は奥行きがありすぎてほとんどわかりません。

1号墳

1号墳石室開口部

1号墳石室前室

前室から奥室

神明宮2号墳

 神明宮入り口の鳥居横にあります。径20mの円墳で竪穴系横口式石室が露出しています。

参道脇にある、現在はフェンスで囲われている

玄室

村上古墳

 上記交差点北側、岡崎総合公園の南入り口そばに村上遺跡が保存されており、その中にあります。現存径17mの円墳で横穴式石室が南西に開口しています。全長8.7m、後室長3m、幅1.8m、高さ1.8m、前室長3m、幅1.8m、高さ1.8mの複室構造で、羨道はハの字に開いています。柵がありますが、団体で教育委員会に申し込めば見学できるそうです。

石室開口部、ハの字に開く

羨道から前室の玄門部

後室の玄門部と奥壁

左側壁

亀山4号墳

 東名高速の北側、愛知県畜産センター敷地内のふれあいドーム奥の牧草地南側にあります。全長7m、複室構造の横穴式石室で、天井部が露出していますが、羨道部が埋まっていて天井の隙間から入り込みます。同じ丘陵上に前方後円墳の1号墳が保存されているようですが、薮の中で見学は困難です。

開口部

後室奥壁

森東古墳

 岡崎市岡町、岡保育園の南東100mの三叉路にあります。墳丘は破壊され、道路に沿ってコンクリで固められているので、教えられなければ、ここが古墳だとはわかりません。現状で径6mくらいの円墳です。向かって左側の生け垣の中に組合せ式箱式石棺の一部が露出しています。

とても古墳には見えない現状

垣根の中に石棺露出

鳥居戸古墳

 おかざき世界子ども美術博物館の敷地内にあり、同古墳は乙川南岸にあり、2010年の調査で、周溝の一部と思われる掘り込みと石列が検出されました。周溝からは埴輪、須恵器片が大量に出土しています。埴輪は須恵質のいわゆる尾張形埴輪と土師質の形象埴輪が併存しており、珍しい例としては、ハソウを手に持った人物形埴輪が出土しています。年代としては六世紀前半で、経ヶ峰古墳群や亀山古墳群、神明宮古墳群の集中する乙川北岸に対して、南岸は古墳の分布が極端に少なく、今後周辺地域の新たな古墳の発見に繋がっていく可能性があります。

2010年の調査地、埴輪が散布していた

検出された周溝と石列

ハソウを持った人物の腕

発掘体験実施、夢中になって埴輪片を探す子供達、と大人

宮ノ腰1号墳

 東名岡崎インターの東500mにありましたが、開発にともない、1km北の高隆寺境内に石室が移築されました。元は径12mの円墳で、全長6.1m、幅2.2mの横穴式石室は天井部が失われていましたが、奥壁には巨石が使われていました。

 


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system