愛知県岡崎市南部の古墳


窪地古墳

 北斗台団地の建設で消滅し、石室のみ細川小学校内に移築されています。元は径10mの円墳で石室全長7.45m、組合せ式石棺が残っています。

 

外山古墳群

 戸崎町のイオン岡崎ショッピングセンター(非常にでかい)の敷地内に「イオン藤さき古墳広場」として保存公開されています。1号墳は円墳で現状保存、3号墳は横穴式石室のみ移築保存されています。

1号墳

3号墳、移築復元

太夫塚古墳

 県史跡。岡崎市若松町の県道若松町バス停の西100mにあります。矢作川左岸の中位段丘縁辺部に位置する径36mの円墳で、幅3.5mの周濠が巡り、円筒埴輪、形象埴輪片が出土しています。5世紀後半の築造と見られます。現在、墳丘への立ち入りが禁止されていて、内部は原生林化しつつあります。近くの竹薮の中に北之切1号墳があります。

  

火の穴古墳

 元、美合町にありましたが、区画整理のため、緑丘小学校に石室が移築復元されました。径6mの円墳で、横穴式石室は全長4m、玄室長3m、幅0.8mで、玄室と羨道との境には閉塞石が置かれていました。

猿投塚古墳

 岡崎市指定文化財。三菱自動車岡崎の南東、橋目中町公民館のそばにあります。墳丘がかなり削られていますが、径30mくらいの円墳と考えられます。墳丘上に石材が置かれていますが、内容は一切不明です。

 

北裏古墳・荒子古墳・宇頭大塚古墳

 名鉄宇頭駅の北方、国道1号線から少し北に二つの大型円墳が近接して残されています。大きい方が北裏古墳で径26.5mの円墳です。小さい方は荒子古墳で径18.5mの円墳です。説明板がないので詳細は不明です。また、国道1号線沿いの薬王院境内にある宇頭大塚古墳は推定全長60mの前方後円墳で、現在は後円部だけが残されていて、上に本堂が建てられています。

北裏古墳

荒子古墳

宇頭大塚古墳

和志山古墳

 名鉄宇頭駅の南方、蓮華寺の南隣にある全長60mの前方後円墳です。現在、景行天皇の五十狭城入彦皇子の陵墓として宮内庁が管理しています。周辺は宇頭古墳群を形成しており、蓮華寺境内や北側の神社内に古墳が点在しています。

和志山古墳

庄屋塚古墳、径18mの円墳

後久古墳群、横穴式石室の石材が露出


<ホームへ戻る>

inserted by FC2 system