空白地にも横穴墓検出、総数は300基越えそう


■京都府八幡市美濃山御毛通「女谷・荒坂横穴群第14次」

 2016年4月23日 現地説明会/公益財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センター

 新名神高速道路のジャンクション予定地内の第14次調査で、新たに横穴墓が7基見つかりました。いずれも保存状態は良くありませんが、SX15からは人骨二体と土器、耳環などが出土しました。なお、他の新名神の現場で橋桁の落下事故があった翌日なので、ギャラリーが集まるかどうか心配でしたが、杞憂に終わりました。

右がSX02、左がSX03-1、ともに墓道のみ

右がSX08、左がSX11、右上にSX07

SX15

SX15から出土した耳環


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system