兵庫県小野市の古墳


王塚古墳

 小野市役所横にあります。見晴らしの良い台地上に築かれた五世紀中頃の径45mの大型円墳で周囲には幅8mの周濠が巡っています。主体部は竪穴式石室で豊富な鉄製品が出土しています。

手前は市役所駐車場

周濠も完存


敷地大塚古墳

 王塚古墳の北600m、小野市敷地町の墓地北側の林の中にあります。径47mの大きな円墳で、昭和13年に調査され、主体部は粘土槨に割竹形木棺が納められていました。前期後半頃の築造で、王塚古墳に先行する古墳です。青銅鏡などの副葬品は東京国立博物館にあるそうです。

 


夫婦池古墳

 小野市久保木町の夫婦池というため池の中にあり、島状に保存されています。径15mの円墳で、葺石、円筒埴輪が確認されており、五世紀頃の築造と思われます。

ため池の中に浮かぶ古墳

望遠画像


妙見塚古墳(舟木2号墳)

 小野市船木町、市民研修センターの南200mの水田の中にあります。東条川の段丘上に築かれた全長33.4m、後円部径17mの市内唯一の前方後円墳で、周溝が巡ります。中期の古墳と思われますが、主体部は不明です。

北の後円部側

側面から


市場古墳群

 小野市市場町の来迎寺の裏山にある来迎寺霊園内にあり、広い墓地の中に2基の小円墳が保存されています。南端の駐車場のすぐ前です。東側の未整備の場所にも小円墳が4基あります。墓地の南側の林の中にも7基ありますが、薮の中で見学は困難です。

保存された2基

北側の円墳

未整備の場所の円墳群

低いマウンドが散在する


焼山古墳群

 元200基近くの大古墳群でしたが、現存10基あまり、そのうち、4基が県史跡に指定されて、小野市二葉町の道路沿いに保存されています。4基中、2基は帆立貝式です。


キツネ塚古墳群

 小野市浄谷町の国道175号線小野バイパス沿いにあるひまわりの丘公園内に保存されています。2基の円墳からなり、東が1号墳、西が2号墳です。ともに径11mの円墳で、出土した須恵器から六世紀末〜七世紀初めの築造と判明しました。

2号墳

1号墳


黍田白雲谷古墳

 黍田町のタカ山南山麓に単独で存在する古墳です。径10mの円墳で、2000年度の発掘調査で横穴式石室の基底部が出土、全長8m、玄室長3.5m、幅1mの細長い石室で、玄室と羨道の間に扉の跡と見られるピットが検出されています。装飾付き須恵器が出土しました。


陣塚古墳

 小野市北来住町の下来住団地の南側にあります。径20m以上の円墳ですが、墳丘は半壊し、荒れ放題なので、見学はかなり困難です。横穴式石室も天井石が落ち込むなど保存状態が良くありません。全長7m以上、幅1.8m、高さ1.8m、羨道は消滅していますが、市内では岩倉2号墳に次ぐ大きさです。奥壁の上段の石材が尖っていますが、これは近くの岩倉2号墳や福甸古墳群とも共通する構造です。

フェンスで囲まれた墳丘は半壊し、荒れ放題

玄室、前側から、巨大な天井石が落ち込む

玄室奥壁

奥から


福甸(ふくでん)古墳群

 小野市福甸町にあります。公民館前の道路沿いに1号墳の標識があり、西100mのため池北側に1号墳があります。径10mの円墳で、南の池に向かって横穴式石室が開口しています。羨道部の天井石が崩落していますが、玄室は完存しています。

池の北岸にある

石室正面、羨道部は崩壊

玄室

奧から

 1号墳から西の山裾の山林内に入ると、おそらく3号墳と思われる石材が散乱しています。そこから山沿いに薮の中を突き進むと、4号墳の横穴式石室が開口しています。奥壁付近だけが残っていて、幅1mほどの小さな石室です。さらに奧の薮の中に5号墳と思われる石組みが露出しています。これ以上は薮が酷く進むのが困難です。

3号墳?

4号墳石室

4号墳玄室奥壁

5号墳か?


岩倉2号墳 【管理人推薦】

 小野市来住町の紅山の南麓にあり、紅山山頂へのハイキングコースの途中から案内標識にそって簡単に行けます。径約20mの円墳で小野市内最大規模の横穴式石室が開口しています。全長9.5m、玄室長5m、幅2.5m、高さ2.8m、羨道幅1.4m、高さ1.2mの両袖式です。この古墳は地元小学生によって草刈りや案内板の整備がされていて見学しやすくなっています。えらいぞ、君たち!


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system