香川県観音寺市(旧大野原町)の古墳


椀貸塚古墳

 県史跡。観音寺市大野原町大野原、大野原八幡神社の本殿裏にあります。径35mほどの円墳ですが、石室開口側が大きく削られ、石垣で固められています。石垣の下の方に横穴式石室の開口部があり、巨大な横穴式石室が南に開口、全長12m以上、玄室長7.8m、幅3.6m、高さ3.9m、羨道長4.2m以上、幅2.4m、高さ2.5mの両袖式で、玄室は香川県最大規模。羨道先端が破壊されているので、複室構造の可能性もあり、さらに長大だったかもしれません。六世紀末頃、大野原の巨石墳で最初に築かれた古墳です。補強材だらけなのは、ちょっと設計大きくしすぎ?

墳丘

石室開口部、石垣に埋もれている

羨道、直線的に加工された見上げ石が印象的

玄室

平塚古墳 【管理人推薦】

 県史跡。観音寺市大野原町大野原、大野原中央公園の西隣りにあります。径52m、香川県最大の円墳ですが、神社の祭事場として使用されていたため、かなり改変されています。巨大な横穴式石室が南に開口、全長12.4m、玄室長7.2m、幅2.5m、高さ2.3m、羨道長5.2m、幅2.5mの両袖式で、側壁をあまり持ち送らずに巨大な玄室を築いています。椀貸塚の次に築造された巨石墳です。

石室入口

いきなり巨大な羨道天井石

羨道

玄室

角塚古墳 【管理人推薦】

 県史跡。観音寺市大野原町大野原、大野原中央公園の北隣りにあります。一辺43mの方墳で、巨大な横穴式石室が開口しています。玄室長4.4m、幅2.5m、高さ2.3m、羨道長5.4m、幅2.2m、高さ1.8mの両袖式で、入口付近は石材が積み直されています。玄室は奥壁、側壁、天井に切石状の巨石を使用していて、玄室と羨道は、ほぼ同じ幅をしています。大野原の巨石墳の中では最後にきずかれた古墳です。

石室入口

羨道

玄室、側壁材のでかいこと!

奧から

岩倉塚古墳

 観音寺市大野原町大野原、大野原八幡神社北側の慈雲寺にあり、古墳の前に観音堂が立っています。墳丘は南、東側が破壊され、石垣となっていて、南側の石垣に石室が開口しています。羨道は消滅し、玄門から内側のみ残っています。目測で、玄室長3m、幅1.5m、高さ1.8mほどの大きさで完存していますが、現在は倉庫として利用されているようです。

道路で削られた墳丘

石垣の中に石室が開口

石室内部、羨道は失われている

玄室


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system