宮城県大郷町


勢見ヶ森古墳 【町史跡】

 大郷町羽生字堤下、大郷町役場の南500mの丘陵山頂にあり、公園化されています。全長35mの前方後方墳で、くびれ部に石材が露出していますが、昭和42年の調査で、この石材の下は平安時代初期の土壙墓と判明しました。

右側が後方部

前方部から後方部

くびれ部に露出した石材


諏訪古墳 【町史跡】

 大郷町粕川、大郷中学校の北東200mの道路沿いにあります。径26.3mの円墳ですが、現状は小さくなっています。周溝、埴輪を伴い、主体部は木棺直葬です。近くの山中古墳は場所がわからず。

 


鶉崎古墳群 【町史跡】

 大郷町鶉崎、県道9号線沿いにあるJA倉庫の真南500m、うずらさき共同墓地の西側の林の中にあります。主墳の大小寺古墳と4基の円墳からなります。大小寺古墳は径25mの円墳で、周溝が巡ります。墳丘を四段に築き、木棺が上下に三基埋葬されていました。説明板の文章が難しすぎです。

大小寺古墳

大小寺古墳裏側、テラスがよくわかる

 大小寺古墳の周囲には4基の円墳が残っています。いずれも径10mほどの小さな墳丘です。

古墳群の入口にある仮称2号墳

大小寺古墳の手前にある仮称3号墳

大小寺古墳の奧にある仮称4号墳

林の中にある仮称5号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system