滋賀県大津市南部の古墳


御殿浜古墳(本多神社古墳)

 大津市御殿浜、琵琶湖のすぐほとりの本多神社境内にあります。横穴式石室に石棺仏が安置されているという情報を聞いて、期待の訪問。2基のマウンドが並んでいますが、どちらもかなり怪しい古墳です。西側の墳丘は、墳頂に神社が鎮座していて、南側に横穴式石室が開口、内部には、たしかに石棺仏のようなものが安置されています。しかし、石室も石棺仏も、何だか違和感を拭えません。これらが本当に古墳時代のものかどうか、判断に苦しみます。東側の墳丘には、「本多神社古墳」という石碑が建っていますが、多数の石材が散乱していて、石室の残骸にしては、多すぎる状態です。一見、庭園って感じで、こちらも判断に苦しみます。さらに東にも、怪しいマウンドがあるのですが、謎の多い古墳群?です。

西古墳

東古墳、石材散乱・・しすぎっ!

西古墳の横穴式石室?

西古墳石室内の石棺仏?

若松神社境内古墳

 大津市大江二丁目の若松神社境内にあります。墳丘はほとんど消失していますが、横穴式石室の基底部のみ残っています。土師質の亀甲形陶棺が出土し、復元品が現地に置かれています。

  

国分大塚古墳

 市史跡。大津市国分一丁目の住宅地の中に保存されています。瀬田川西岸に築かれた全長45m、後円部径32mの前方後円墳ですが墳丘はかなり流失し、周囲も削られています。後円部と前方部にそれぞれ横穴式石室が開口しています。後円部石室は全長6.6m、玄室長4.4m、幅2.1m、高さ1.6m以上、羨道長2.2m以上、幅1.5mの両袖式、前方部石室は玄室長2.9m、幅1.6mの規模で、羨道は破壊されています。六世紀中頃の築造です。

 

後円部石室正面

後円部石室奥壁側

後円部石室奧から

後円部石室奥壁

前方部石室奥側

前方部石室奧から、薮で良く見えない

園山古墳群

 大津市園山二丁目、東レ西側の丘陵上、園山稲荷境内にある群集墳です。径10m以下の小円墳11基からなり、南斜面から山頂にかけて分布します。いずれも主体部は横穴式石室ですが、良好に残っているものはなく、小さな墳丘が周囲を石垣と柵で囲まれて保存されている程度です。

麓近くの古墳、石材露出

参道脇の古墳

社殿脇の古墳

奧の院?の古墳

横尾山1号墳

 横尾山古墳群は、大津市瀬田橋本町の瀬田川東岸の丘陵上に存在した30基以上からなる古墳群でしたが、京滋バイパス建設に伴い、調査後消滅し、現在は最大の1号墳だけが、神領一丁目の檜山神社境内に移築保存されています。一辺11mの方墳で、南に開口する横穴式石室は3.7m×1.2m×0.95mの無袖式で終末期らしい整美な造りですが、横口式石槨なのかも知れません。

石室開口部

奥壁方向

枝1号墳

 大津市田上枝町四丁目2、天神川沿いにある田上公園の西隣にある低い丘陵の東斜面にあります。径12mの円墳ですが、墳丘はほとんど流失し、前側も水路で削られています。横穴式石室は羨道前側が崩壊していますが、玄室はかろうじて保存。内部はかなり埋まっていますが、玄室平面は3.6×2m、羨道長0.5m以上、幅1.4mの規模です。巨大な天井石が微妙なバランスで乗っかっています。丘陵上には全部で7基の古墳があるそうですが、ほかにまともな古墳はなく、伐採が進んで近々宅地開発されそうな雰囲気です。

石室正面、羨道は前が崩壊

側面から、巨大な天井石

玄室内部

奧から、この巨石は見上げ石か?

新免古墳群

 大津市上田上新免町、新免集落の最も奧の民家から谷間へ入っていくと、100mほどで林道沿いに2基の円墳が並んでいます。手前の1号墳は、径15mの円墳で、山の神が祭られ、墳頂付近に石材が露出していますが、石室のものかは不明。隣の2号墳は径12mの円墳で、横穴式石室が開口。玄室長2.3m、幅1.3m、高さ1.3m以上、羨道長2.8m、幅1.1m、羨道はほとんど埋まっていますが、道路側の玄室側壁に隙間があり、そこから内部が覗けます。小型の石室で、持ち送りはあまりありません。周辺の林の中に計10基の円墳が密集していますが、ほかは低いマウンドがある程度です。1号墳の向かいにある7号墳は道路で墳丘が削られています。

山の神が祭られた円墳

道路沿いに石室が開口する円墳

玄室側壁部も開口

玄室内部

将軍塚古墳群

 大津市上田上牧町の広い農地の真ん中にあります。馬塚古墳の上に見事な銀杏の木があり、目印となっています。現存2基で、西側の将軍塚古墳は、墳丘が流失した円墳で、横穴式石室の石材が露出しています。200m東にある馬塚古墳も円墳ですが、小さな墳丘が残る程度です。

将軍塚古墳、遠方の銀杏の木が馬塚古墳

馬塚古墳、立派な銀杏の木が目印


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system