佐賀県武雄市の古墳


多蛇古古墳 【県史跡】

 武雄市朝日町甘久、甘久簡易郵便局の東にあり、公園化されています。宅地開発で前方後円墳と確認されたため、現地保存されることになりました。推定全長50m、後円部径26mの柄鏡式の前方後円墳で、当初、墳丘がかなり破壊されていましたが、今は整備されています。主体部は未調査ですが、近くの2号墳の調査結果から、粘土槨と推定されています。

 美しく整備された墳丘

前方部から後円部


矢ノ浦古墳 【県史跡】

 武雄市武雄町永島、白岩運動公園の北東端に保存されています。尾根上に築かれた全長37m、後円部径17mの五世紀前半の前方後円墳です。埋葬施設は後円部中央に2基の粘土槨状土壙墓、後円部南西斜面に子供用の石蓋盤棺墓1基が見つかっています。1号棺からは変形獣帯鏡【県重要文化財】が出土しました。

公園の奧に保存

前方部から後円部


潮見古墳 【県史跡】

 武雄市橘町永島、潮見神社に説明板があり、神社の裏山を標識に従って少し登ったところにあります。径25mの円墳で、横穴式石室が開口。全長11m、玄室長3.4m、幅2.5m、高さ2.7m、奥壁に平行して屍床が設けられています。石室入口は柵で囲まれていて、入室はできません。出土遺物【県重要文化財】は武雄市文化会館にあります。

石室には入れません

羨道

玄室、屍床は見えません


玉島古墳 【県史跡】

 武雄市橘町大日、県道330号線と国道498号線の交差点そばにあり、玉島古墳公園となっています。径48mの大きな円墳で、主体部は竪穴系横口式石室で、墳頂に半壊状態で露出しています。玄室長3.25m、幅2.1mの両袖式で、腰石の上に平石を積み上げ、奥壁に沿って屍床があります。羨道は長さ0.9mで、床面が玄室より0.53m高くなっています。

周囲は農地なので大きな墳丘が目立っている

石室正面より

玄室奥壁付近

玄室奥側から


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system