宮崎県西都市西都原古墳群第3古墳群北部


西都原古墳群第3古墳群 【管理人特選】【国特別史跡】

 西都原古墳群第3古墳群は台地の北端に位置し、86基の古墳が分布しています。前方後円墳は1基のみ(265号墳)のみで、他はすべて円墳です。111号墳の地下には4号地下式横穴墓が築かれ、内部をカメラで見学できるようになっています。


 127〜132号墳

 第3古墳群の北部は小円墳が最も密集したエリアです。中央付近には遊歩道に沿って127〜132号墳が東西に並んでいます。

127号墳

128号墳

129号墳

130号墳

131号墳

132号墳


 153、275〜277、297、298号墳

 さらに遊歩道に沿って275〜277、153、297、298号墳が並んでいます。

275号墳

276号墳

277号墳

297号墳

298号墳

153号墳


 133〜139号墳

 第3古墳群の北端のあたりには133〜139号墳が分布します。

133号墳

134号墳

136号墳

137号墳

138号墳

139号墳


 140〜144、299号墳

 さらに140〜144、299号墳の小円墳が密集しています。

140号墳

141号墳

142号墳

143号墳

144号墳

299号墳


 145、146、300、301号墳

 第3古墳群の西端には145、146、300、301号墳が並んでいます。300号墳は大きな円墳です。141号墳は、墳丘の一部が削られています。301号墳は分布図にはありませんが、大木の根元が墳丘のようです。

145号墳

146号墳

300号墳

301号墳


<ホームへ戻る>

 

inserted by FC2 system